スポンサーリンク

paymo(ペイモ)

「今日のランチはちょっと豪華に千円以上のものを頼んでみようか。」

「いやいや、500円以下とは言えないが、1,000円を超えるものは贅沢だろう」

「2人で3,500円、3人で5,500円、4人で7,500円のランチが無料で食べられるとしたら?」

「4人で7,500円って一人1,875円!?それがタダで食べられる?ウソやろ!」

(ウソではありません・・・)

スポンサーリンク

割り勘特化アプリ「paymo(ペイモ)」


さて、ランチを無料で食べられる方法と言うのはペイモのポイントを利用して食べるということなのですが、このペイモってなんだかご存知ですか?


割り勘に特化した決済アプリなのですが、1円単位の割り勘に威力を発揮します。


ペイモがない場合


Aさん、Bさんがそれぞれ1,080円のランチを注文して支払いをするとき


Aさん(レジでクレジットカード払い)「じゃ、2,160円支払ったから1,080円回収ね!」


Bさん「はい、千円。細かいのないから80円負けて!」
(カードのマイル貯めてるの見え見えなんだから、80円分はカードのポイントで賄ってくれ)



Aさん「・・・・・」


なんてことになる場合もあるでしょう。時には80円の攻防で長年培った友情が壊れてしまうかもしれません。しかし、ペイモがあれば大丈夫。


ペイモがある場合


Aさん、Bさんがそれぞれ1,080円のランチを注文して支払いをするとき


Aさん(レジでクレジットカード払い)「じゃ、2,160円支払ったから1,080円回収ね!ペイモで請求したよ。」


Bさん「OK.(アプリを操作して)はい、送金完了。」
(ペイモへのチャージはVISAやマスターカードで可能だから割り勘でも1,080円分のポイント貯まるからありがたい。)

※ポイント加算の有無はカードによって異なる場合がありますので事前に確認してください。


Aさん「便利だな。2人で2,160円分の支払いなのに、俺が2,160円のカード決済できただけでなく、おまえも1,080円のカード決済できたから、2人あわせてクレジットカード決済額3,240円でなんか得をした気分だな。」


ということになります。クレジットカードでマイルを貯める陸マイラーにとっては見逃せないツールですね。


クレジットカードの決済額を増やす仕組みと種明かし


どうして2人あわせて2,160円の食事をしたのに、カード決済額の合計が3,240円になったのでしょうか。


そのカラクリを解説します。


先ほどの例では、Aさんが2,160円カード決済するところまでは問題ないですよね。


その後、BさんのペイモからAさんのペイモに1,080円分の支払いをするのですが、Bさんのペイモの原資(チャージ分)は、クレジットカード(VISAまたはMASTERのみ)で行うことができるのです。


結果、通常の割り勘では幹事役のAさんだけが得をするクレジットカードのポイントですが、ペイモ利用で、割り勘に応じたBさんも自分の支払い分1,080円については、カード利用できたということになります。


これには、カラクリがあって、終わってみたら、Aさんのペイモに1,080円のチャージが残るということになります。


ペイモにチャージされた金額は、割り勘の際にペイモ同士で送金するときに利用可能ですが、チャージ分で直接お店に払ったりすることはできません。現金に比べると使い勝手が悪いので、Aさんにとって不利な扱いのようにも思えます。


ですが、チャージ額を出金時に現金にすることは可能です。手数料が200円かかるのはたまにキズですけど(^^;


でも、2人で2,160円のランチではメリットは少ないですが、5,000円×8人のコンパなどでは、幹事役のAさんは、カード決済4万円分のマイルを貯められます。


仮に還元率1%のカードなら、400マイル。皆の支払いをまとめて得られたマイルですから本来友人たちの割り勘分、5,000円×7人=35,000円で貯められる350マイルは無料でもらったものになります。


出金手数料200円を支払っても350マイルを稼げたのだから陸マイラー的にはお得と言えるのではないでしょうか。


もっといえば、同様の飲み会を3回やった後に出金すれば、200円で1,050マイルを購入できたともいえます。マイル単価0.2円未満。これは、間違いなくお得ですよね。


ペイモ登録で1,500円分のポイント獲得&紹介で500円分獲得

paymoキャンペーン

さて、ペイモについて簡単に説明したつもりでしたが、ご理解いただけましたでしょうか。


大分はしょりましたので、きちんとした理解は、peimo(ペイモ)の公式ページでご確認ください。


ところで、本日のテーマは、このペイモのダウンロード&登録で1,500円分のポイントをタダでいただいてしまおうというお話です。


方法は、簡単です。


  1. アプリをダウンロード&起動

  2. 名前、メールアドレス、パスワード、招待コード「PGFLAAP」を入力

  3. スマホの電話番号登録

  4. スマホに届いたSMSを入力



以上の4ステップです。


まずは、あなたが登録してください。


招待コードはすでにペイモを利用している方なら誰でもお持ちですが、ペイモユーザーが近くにいなかったら「PGFLAAP」をお使いいただけると幸いです。


カップに500円分のポイントがプレゼントされますので(^^;


そうです。ペイモの紹介は紹介した側にもプレゼントがあるのです。


これを悪用活用するならば、あなたが割り勘をしようと思っている仲間の登録には、あなたの紹介コードを提供すればよいのです。


あなたがペイモをダウンロード&登録して、友人1人に紹介すれば、登録で1,500円、紹介で500円の計12,000円分のポイントを獲得することができますね。


いつもランチにいく仲間が4人(A,B,C,Dとします。)いるのなら、同様に繰り返せば、Aさん,Bさん,Cさんは2,000円分のポイント、Dさんは1,500円分のポイントをもらえますので、4人で合計7,500円分のポイント獲得になります。


最後にどのように出金するかが課題になりますが、損な話ではありませんので、paymo(ペイモ)に登録してみましょう。


いい話には期限があるもので、今回の登録で1,500円分のポイント獲得できるキャンペーンは6月1日(木)15時59分までとなっています。


どうぞお急ぎください。

割り勘 アプリ - paymo (ペイモ)  請求も支払いも
割り勘 アプリ - paymo (ペイモ)  請求も支払いも
開発元:AnyPay, Inc.
無料
posted with アプリーチ

マイルdeチケットでは、最初の登録は、キャンペーンコード「PGFLAAP」でお願いしています( `・∀・´)ノオネガイ





paymo(ペイモ)のポイント現金化


なお、キャンペーンでプレゼントされるポイントは、そのままでは現金化できませんが、割り勘時に友人のペイモに送金すれば、受け取った友人は200円の手数料で出金できますから、割り勘利用予定のある人にとって現金化のハードルは低いですね。


割り勘するときには、レシートが必要になりますから、ホントは割り勘してないのに送金ということはできないことを申し添えます。


【実践例】ポイント使用のレシートでも割り勘可能


ウエルシアのレシートで実践しました


誰でも簡単に1,000円分のポイントを獲得できたペイモのキャンペーンですが、実際に現金化できるか試してみました。


とはいっても、もともとの仕様でレシートがあれば割り勘できることになっています。また割り勘の支払いに使えるポイントは、もともと出金対象ではありませんが、利用後(誰かに支払いすること)は、ポイントで支払いを受けた人なら出金可能です。


試すまでもないかなと思いつつ、ちょうど、先日20日にウエルシアで買い物した際に全額Tポイント支払いしたレシートがありましたので、実践してみました。


題して、「ポイント支払いしたレシートでもペイモの利用は可能か!?」


早速カップのペイモから支払い請求を行います。


ペイモのアプリを立ち上げ、右下の「¥」マークをタップして請求するを押下。レシート撮影のカメラマークを押してウエルシアのレシートを撮影します。


ちょうど、妻のpaymoアカウントには2,500円分のポイントがありましたので、妻のアカウントへ2,500円の請求し、妻のアプリで全額ポイント支払いの手続きを行いました。


すると、カップのアカウントの残高が2,500円増えましたので、出金手続きを行います。


出金額を2,500円と設定して手続きを進めると問題なく出金待ちになりました。


実際に指定口座に振り込まれる日は、引出申請を頂いた日を基準として、以下のスケジュールで行われます。


  1. 毎月1~10日に申請 → 同月11日から数えて4営業日目

  2. 毎月11~20日に申請 → 同月21日から数えて4営業日目

  3. 毎月21日~末日に申請 → 翌月1日から数えて4営業日目


に振込となります。ただし、1,000万円を超える振り込み申請については、振り込みまで25営業日かかります。


カップは4月21日に手続きをしましたので、5月9日に手数料を控除された2,300円が振り込まれる予定です。


【5月9日追記】実際に振り込まれました♪

口座明細


ほんまはあかんねんで


カップは、上記実践例の通り、ウエルシアのレシートを使ってしまいましたが、これは飲食店のレシートではありません。


読者様から飲食店以外でも利用してよいかというコメントをいただきましたので、改めて規約を見てみると、


第2条(対象債権情報の登録)
1. 代表会員は、日本国内にある飲食店のうち当社が独自の判断で不適当であると判断した店舗を除く飲食店(以下「適格飲食店」という。)において自らが支払を行い、既に参加者に法定代位することのできる対象債権について、対象債権の支払の際に受領した領収証のデータ(店名・代金・飲食日時が表示されたもの)、参加者のアカウント情報その他当社所定の情報(以下「対象債権情報」という。)を、当社所定の方法により登録するものとします。


と書いてあります。


う~ん、飲食店の領収証(店名・代金・日時表示のもの)と書かれていますね。


そして、もはやお得情報にかかる規約のお決まりパターンもしっかり明記されています。

第8条(ポイント)
5.当社が会員にポイントを付与した後に、ポイントの付与を取り消すことが適当であると当社が判断する事由があった場合、当社は、会員に付与されたポイントを取り消すことができるものとします。



下手すればアカウントBANされてしまいます。規約も読まずにサービスを利用する危うさを改めて痛感いたしました。今後は気をつけたいと思います。


キャンペーンで獲得したポイントの有効期限


ところで、今回、カップはpaymoの一連のキャンペーンで結構なポイントを稼ぐことができたと考えていますが、そのポイントの有効期限って皆さまご存知ですか?


利用規約によると、

会員は、ポイントを獲得した日から6ヶ月又は付与前に別途当社が定めた6ヶ月より短い日数の期間中を有効期限として、当該有効期限まで、ポイントを利用することができます。有効期間を過ぎた未使用のポイントは消滅するものとし、その後利用することはできないものとします。また、ポイントの有効期限の起算点は、当該ポイントを当初取得した日とします。



と規定されています。いただいたポイントは、期限までに必ず利用するように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ