スポンサーリンク

てるみくらぶ

旅行会社「てるみくらぶ」が昨日、事業継続を断念し、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたと明らかにしました。

2015年春ごろから経営悪化し、先週24日(金)に航空券の発券に必要となる国際航空運送協会(IATA)への支払い4億円を用意できず、破産申請に至りました。経営悪化の一因は新聞広告の媒体コストということです。

負債額151億円のうち、一般旅行者への債務は約100億円。債権者になる顧客に補償があるのか気になるところではあります。

スポンサーリンク

予約したホテルに泊まれない!その時どうする??


支払済のホテル料金が未払いになっている


てるみくらぶに支払をされた方は、今後どのような対応を受けられるのか、報道を見守りたいと思いますが、カップが最も気になっているのは、すでに海外に出国されている方への対応です。


てるみくらぶは先週から、「航空券をすでに受け取っていても現地で宿泊できないなどのトラブルの可能性もある」として渡航を控えるよう呼び掛けています。


事実、日本テレビ系(NNN)のニュースでは、韓国・釜山へのツアーに参加して本日帰国された方は、ホテルの部屋はキャンセルされていたため改めて宿泊費を払って泊まったと述べています。


すでに海外へ出国した人は自力で対処を
てるみくらぶ「出国した人は自力で対処を」



こういう時、海外旅行に慣れている方はそれなりの対処ができるのでしょうが、そうでない方も多いと思います。


多少お金がかかっても相談できる相手がいると心強いですよね。


クレジットカードの海外デスクで相談可能


海外旅行先でのトラブルに対して相談に乗ってくれるところといえば、大使館が思い浮かびますが、これは、パスポート紛失とか何か事件に巻き込まれたときの保護とかというイメージです。


そうではなくて、「てるみくらぶ」で予約したホテルに宿泊できないとか現地のツアーを断られたとかなどのトラブルに対しては、電話で相談に乗ってくるカードデスクの方が適当に思えます。


そういうと、アメリカン・エキスプレスカード、ダイナースクラブ・カードとかJCBザ・クラスなどの上級カードなどを思い浮かべると思いますが、海外トラブルの相談サービスは大抵のカードに付帯されていますので覚えておくと良いと思います。


例えばJCBなどは、ザ・クラスでなくても、ゴールドカードでなくてもJCBカードさえ持っていれば、JCBプラザコールセンター(海外)へ電話することができます。


JCBプラザコールセンター(海外)連絡先一覧


電話料金も原則無料でかけられますので、ご自身がお持ちのカードのサービスは確認しておきましょう。


ゴールドカードでなく普通カードでもOKなんてさすがJCBと思われる方もいらっしゃるかもしれませんけど、ほとんどのカードにあるサービスです。


例えば、セディナカードだと、セディナ海外デスク


ジャックスカードだと海外トラベルデスク


ポケットカードの海外サポートサービス


もちろん今回のように予約していたホテルに泊まれないというようなときは、無料で代わりの部屋を提供されるなんてサービスはありません。代替のホテルを提案してくれるとか、あなたの代わりにホテルのスタッフに現状を説明してくれるなどのサポートで、必要な費用は支払わなければいけません。


でも、海外でトラブルの渦中にいて動揺しているときなど、日本語で話を聞いてもらえるだけでもホッとするのではないでしょうか。


カードをお持ちの方は、海外渡航するときは、盗難・紛失時の連絡先というだけでなく、相談先として必ず、連絡先を控えておくことをお勧めします。


支払済の旅行代金の返金は受けられるのか


「てるみくらぶ」をご利用された方にとって気にいなるのは、支払済の金額に対して何らかの補償が受けられるかということだと思います。


報道では、「旅行代金を支払った一般旅行者、最大で9万人への債務は約100億円にのぼる」とされています。現在までの情報では、日本旅行業協会から弁済保証金というものが支払われる制度があるようですが、弁済保証金の限度額は1億2000万円であり、てるみくらぶが抱える債務の1%にしかあたりません。


その他にもなんらかの補償を受けられるとよいのでしょうが、今後の情勢を見守るしかないと考えます。


本当に旅行を楽しみにしていたのに、被害に遭われた方々に対しては言葉もありません。


海外旅行の代金だと数十万の支払いをしている方もいらっしゃるのですよね。一人旅でなく、友人たちと一緒に旅行という方もいらっしゃると思います。「誰々が勧めてきたツアーだから…」なんて話になることもあるかもしれませんが、カップは、「少なくてもお客さんは何も悪くない!」と声を大にして言いたいと思います。お客さんは皆、被害者であるということを認識して無用な喧嘩など避けていただきたいと思います。


クレジットカードのショッピング保険の対象になるのか


マイルdeチケットの読者様だと旅行代金はクレジットカードで支払っている人が多いですよね。


そうなるとカードにショッピング保険が付帯されている場合、補償の対象になるかが気になると思います。


各カード会社、提携の保険会社の対応になりますが、残念ながら、一般的にはショッピング保険の対象にはなりません。商品の破損、盗難ではないからです。


にほんブログ村 マイレージでは、先日、イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!! 様「てるみくらぶ」騒動への返金救済対応を、クレジットカード各社に聞いてみた。今の所アメックスゴールドは最高だった。 という記事を提供されましたが、これについてはカップは疑問です。


疑問に思い、カップもアメリカンエキスプレスに問い合わせをしてみましたが、やはり、「旅行代金については、リターンプロテクションの対象になりません。」と回答されました。


オペレータさんが、必ずしもいつも正しい情報を提供できないという事情をカップは知っていますし、カップが確認したオペレータさんが誤っている可能性もあります。


「てるみくらぶ」では、アメリカン・エキスプレス・カードは使えませんから、VISAやMasterと違って、具体的な相談はありません。また、そもそも対象にならないと考えているカップが聞いたので、オペレータさんはカップの言葉に流されてしまったのかことも考えられます。


でも、びーじぇい様もおっしゃる通り、「あくまでも現時点での情報による回答ですので、各自で確認してくださいね。」ということにご留意いただければと考えます。


アメリカン・エキスプレスに、つい、問い合わせをしてしまいましたが、具体的な事例でもないのに勇み足だったかなと思います。丁寧に対応してくださったオペレータ様には、感謝の意を表します。

スポンサーリンク