スポンサーリンク

眼鏡の位置を直す女性

5月のG.W.明けに沖縄に行ってみようか。

友人が沖縄に一人旅に行くというのを聞いたからです。なんでもLCCの安いチケットを予約することができたということです。

LCCのセールは取り慣れていないカップですが、同じ飛行機でなくても那覇で待ち合わせをすればいいだけですよね?

幸いカップはセントレアから那覇行きであればお得に行く方法を知っています。

スポンサーリンク

ソラシドスマイルクラブの特典航空券


昨秋カップはクレジットカードを2枚作りました。自分と妻のソラシドエアカードです。沖縄往復特典航空券を目的とすると、とてもお得な入会キャンペーンを開催していたからです。








【実践例】ソラシドエアスマイルクラブで特典航空券を発券


ソラシドエアマイルは計画通りというか計画を上回るほど貯めてしまいまして、現在カップと妻のマイルは、それぞれの口座に26,000マイルずつ貯まっています。


セントレアから那覇までの特典航空券であれば、合計4往復分のマイル数。


家族3人での旅行につかえるといいなと思っていましたが、1往復分余りますよね?


ソラシドスマイルクラブは使ったことがありませんでしたが、本当に13,000マイルで往復航空券を取ることができるか試してみたくなりました。


早速空席状況を確認します。


あれ?でも、どうやらウェブでは特典航空券の空席状況を調べられないようですね。


電話をして聞いてみてもよいのでしょうが、どちらにしてもソラシドスマイルクラブの特典航空券を予約するには、


  1. ソラシドスマイルクラブ特典航空券の申し込み

  2. ソラシドエア予約・案内センターに電話で予約


の2つのプロセスを踏まなければいけません。


やっかいなことにプロセス①では、日付未定で利用区間、片道・往復の区別をウェブで入力して送信するのですが、その後、eチケットお客様控えが手元に届くまで約1週間ほどかかるようです。


その後、具体的な日程を電話で予約して空席があれば初めて予約完了になります。


思ったのは、特典航空券eチケットお客様控えを発券した後、希望の日時で予約ができなかった場合のリスクが大きいということです。


特典航空券eチケットお客様控えの有効期限は、発行日から90日間しかありませんから、せっかく休みを予定して申し込んでも、予約がとれなければ無駄になってしまいます。


しかも、空席待ちも受付不可という不便さです。もし、特典航空券eチケットお客様控えを発券しても、予約ができなければマイルは口座に戻りますが、払戻手数料として3,000マイル減算されます。


名古屋-那覇の往復特典航空券であれば、13,000マイルが10,000マイルに減算されます。


今回のカップの予定は、例え予約が不可であっても前後の日程で取れればよいかなと考えていますから特典航空券eチケットお客様控えが無駄になることはないでしょうが、家族の旅行などでは使いにくいなと思いました。


とりあえずANAとのコードシェア便でもありますからANAマイレージクラブで空席状況を確認しますと、本日現在で往復とも30席以上残っています。


ソラシドスマイルクラブとANAマイレージクラブの割り当ては分かりませんが、SNA運行の便ですから予約が取れないということはないでしょう。


しかし、最初の申し込みの時に、具体的な便も入力して申し込めるようにしないと利用者から苦情が殺到すると思うのですが、いかがなものなのでしょうか。


ソラシドスマイルクラブ入会者自体が少ないうちはいいのでしょうが、名古屋-那覇の特典航空券ののコスパだけ考えるとソラシドスマイルクラブって大変お得なのです。


あまり利用客が増えてしまうと改悪必至だと思いますが、利用客が少なすぎてもセントレア撤退なんてことにならないか心配です。


とりあえず、現状では、特典航空券お客様控えを申し込んだ状況であり、結果が分かるのは約一週間後になります。


ソラシドスマイルクラブのコスパ


さて、陸マイラーとしてソラシドスマイルクラブはどれくらいコストパフォーマンスに優れているのでしょうか。


ソラシド・エア・カードの入会キャンペーンについては、以前の記事を参考にしていただきますが、カップはこのカードを少なくても夫婦のうち一枚は2年目以降も継続利用しようと考えています。


その理由は、カードショッピングで100円で1マイル貯まるにも関わらず年会費が1,250円(税別)と安いからです。


JALカードでもANAカードでもダイナースでもアメックスでも、100円1マイルの還元率を維持するために年会費を一体いくら払えばいいのかわかりません。


カードの年間利用額が200万円くらいであれば、マイルを貯めるという目的だけのためなら、正直5千円以上の年会費を払いたくないというのがカップの本音です。


しかし、1,250円(税別)くらいなら許容範囲です。年間200万円の決済額で2万マイル獲得できれば、名古屋-那覇間なら、2年間に3往復分のマイルを貯めることができます。


なぜなら、ソラシドスマイルクラブの必要マイル数は、名古屋-沖縄往復で13,000マイル、神戸-那覇間なら12,000マイルとお得だからです。


特典航空券がある程度取りやすければ、来年度以降も利用し続けたいと思ってしまいます。


ANAの航空券はなぜ高いのか


ところで、ソラシドエアは、現在、期間限定のセールを開催しています。


その名もソラシドスペシャル。確かにスペシャルな料金です。


すでに終了は近いのですが、


搭乗期間:2017年5月22日(月)~6月8日(木)

予約販売期間:2017年3月23日(木)09:30~3月29日(水)23:59まで



の条件で、下記の運賃で予約が取れます。


設定路線 対象便 運賃
東京-熊本線 11便/15便 9,000円
18便/22便
東京-大分線 89便/91便
90便/94便
沖縄-宮崎線 全便
沖縄-神戸線 23便(※1) 6,000円
/25便
24便/26便
沖縄-名古屋(中部)線 全便

※1 6月6日(火)23便の設定はございません。


LCCのセールと違って安いけど予約が取れないという状況でもなく、名古屋-那覇便に至っては、片道6千円、往復1万2千円でほとんどの日で、しっかり予約できます。


ANAとのコードシェア便ですが、ANAから予約すると、旅割で予約しても往復26,420円必要です。


同じ便に搭乗するはずなのに、26,420円-12,000円=14,420円の差は一体何なんでしょう?


例えSFCを持っていてもカップなら間違いなくソラシドエアで予約してしまいます。(持っていませんけどww)


もちろんソラシドスペシャルは特別に安い料金なのでしょうが、一般的なセール価格であるバーゲン28(28日以上前の早割)でも往復18,620円とANAとは7,800円もの差があります。


同じようなことはスターフライヤーとのコードシェア便でもいえます。


もちろん、ソラシドエアやスターフライヤーとのコードシェア便で、SNAやSFJから購入してはANAマイルやプレミアムポイントを貯めることはできませんから、マイルやポイントを貯めている人から見れば魅力半減なのでしょうけど・・・。


カップとしては、もう少しANAさんにもディスカウント精神を持ってほしいなと考えます。


スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ
ANA SNS