スポンサーリンク

ファミリーマート

クレジットカードの還元率を追求した答えの一つであったファミリーマートのFamiポートを使ったファミマTカード払いによるLINE Payカードのチャージですが、2017年3月31日をもって終了します。

LINE Payカード利用により得られるLINEポイントはソラチカルートに乗せることもできましたから、ANA陸マイラーにとっても残念なお知らせになります。

スポンサーリンク

ファミマTカードクレジット払いによる一部Famiポート商材の支払終了


ファミリーマートからとても残念なお知らせが届きました。ファミマTカードクレジット払いによる一部Famiポート商材の支払終了です。

ファミリーマートでファミマTカードクレジット払いが終了するサービス 代金支払い(各種代金お支払い、収納票発行、LINE Payを含むイーコンテクスト等の決済代行、Famiパス等) 3月31日(金)をもって終了
プリペイドサービス(各種オンラインマネー、オンラインゲーム等)
店頭受取代引(アマゾン、楽天、ファミマ・ドット・コム等)
Tポイントでのお支払いが終了するサービス ファミマ・ドット・コムショッピングの店頭商品引換え払い
toto/BIG 4月30日(日)をもって終了


上記の通り、LINE Payを含むイーコンテクスト等の決済代行が3月31日をもって終了するのです。


(参考)ファミマTカードクレジット払いによる一部Famiポート商材のお支払い終了のご案内


ファミマTカードとLINE Payカードの組み合わせで、100円につきANA2.12マイル貯めることができる裏技も終了になります。




クレジットカードといえば、カード決済によってマイルを貯めるものという認識のカップではありますが、陸マイラーにとって都合のいいカードは改悪を免れることはできません。


その理由は、もちろん、一般的なカードよりもお得すぎて運営側のメリットが逆に少なくなるからと思われます。


その他にも色々あるのでしょうが、そこは追及してもあまり意味はなさそうです。


一つの理解として、消えてしまう(改悪される)ほど、お得なカードの使い方だったのだなということです。


その結論が出たわけですから、逆転の発想で、改悪前に甘い汁を吸おうという作戦が考えられます。


明日3月25日(土)と来週3月28日(火)はファミマTカードのカードの日ですから、LINE Payカードを還元率3%にパワーアップできるチャンスです。


ファミマTカードが活躍できるラストチャンスと思ってファミマでLINE Payカードのチャージを実践してみませんか。


ポイント還元率3%を超えるカードといえば


今回のFamiポートのサービス一部終了は正直ショックですが、クレジットカードの還元率は入会キャンペーン狙いで行けば、3%どころか5%超も夢ではありません。


今なら、ハピタスに入会してポイント大量獲得したうえでポレットを利用するのも賢い方法です。





カップも最近、すでに申込不可となっている伝説のリクルートカードプラスJCBを解約しました。還元率2%といえども物足りないと思ったのがその理由です。


最近申し込んだカードといえば、ポレットの他にもマイレージプラス・セゾン・プラチナ・カードもありますが、こちらも初年度年会費無料で入会だけで10,000マイル獲得できるカードです。入会だけで10,000マイルって還元率でいえば何パーセントになるんですかね?3%なんかとは比べ物になりませんよね?





終わってしまうサービスを悔しがるよりは新たなキャンペーンを探して実践していくことが賢い方法だとは思いませんか?


お得といえば、今、ハピタスに登録してポイントを貯めたうえで初回交換すると、もれなく1,000ptプレゼントするキャンペーンが実施されています。


こちらも登録は3月31日(木)が期限になっています。初回交換は、4月30日ですから、まだまだ全然間に合いますよ。


なんといってもハピタスのポイント交換は300ポイント(300円分)から行えますから。


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


繰り返しますが、1,000ポイント獲得できる大感謝祭の期限は3月31日(金)です。ハピタスデビュー最大のチャンス、見逃さないでくださいね。


【追記】LINE Payカードで3%還元続行中【月額5万円の上限あり】


2017年4月以降もPOSAを利用したファミマTカード支払いでLINE Payカードの3%還元を継続できます。


これまでの方法と違い、月額5万円という上限がありますが、還元終了でなく嬉しく思います。

※POSAは一枚につき最高1万円ですから5枚購入することになります。


その方法は、つぎの記事で公開していますのでご一読くださいませ。


スポンサーリンク





 カテゴリ