スポンサーリンク

コート不要なアジア女子

海外旅行のおともに欠かせないクレジットカード。正直カップは海外では現金派なのですが、カードはもちろん持っていきます。

いざというときのためにあると安心ですから。

でも、クレジットカードの役割って決して決済手段のみではありません。

先月のスリランカ旅行では中部国際空港(セントレア)におけるコート預かりサービスで活躍していただきました。

スポンサーリンク

コート預かりサービスってなに?


そもそもコート預かりサービスとはなんでしょう。


JALエービーシーのサービス


JALエービーシーが成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港及び羽田国際線で行っている海外旅行前に空港でコートを預け、帰国後に受け取るサービスです。


日本が冬のときにハワイなどビーチリゾートやアジアをめぐるときなどに利用すると便利です。今回カップは、スリランカ(暑い国です)に出発するまえに、中部国際空港(セントレア)でこのサービスを利用しました。


クレジットカード所持者向けの特別サービスということではなく誰でも利用できるのですが、預ける日数によって料金が必要になります。


コート(防寒具)預かり
成田・中部空港
4日以内 1,030円
7日以内 1,340円
10日以内 1,550円
11日以降 10日毎に
520円追加
関西空港
4日以内 1,030円
5日以降 1日毎に
210円追加
羽田空港 国際線カウンター
1日毎 200円



実際にカップが利用して思ったのは安い!ということです。旅行の形態にもよりますが、カップは現地で街歩きを楽しむことが多く、荷物は少ない方がありがたいです。今回カップは5日間の日程で出かけましたが、料金表によると1,340円で重たいコートを旅行中に預けることができるのですからお得なサービスであると思いました。しかも、日本国内の空港にあるJALエービーシーさんに預けられるのですからとても安心です


カップは、スリランカでコロンボ・フォート駅からキャンディまで列車旅を楽しみましたが、コロンボ・フォート駅には荷物を預けることができるクロークサービスがあります。とても安く利用できるのですが、地球の歩き方には「カギがない場合もあるので南京錠を持参した方がよい。」と書かれています。南京錠って大きなものでないと簡単に壊されるってイメージですし、器用な人は結構簡単に開けてしまうことができますから不安です(^^;


JALエービーシーの良いところは安心して預けることができることであることを重ねて申し上げたいと思います。


クレジットカードの付帯サービスで料金無料に


空港にコートを預けて5日間の料金1,340円をお得と述べましたが、今回、カップはこの料金を支払っていません。カップの手持ちのクレジットカードで30日間まで無料になるというサービスがあったからです。


そのカードとは、キャセイパシフィック航空MUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードです。


今月末には解約する予定のカードです(爆)が、最後に大活躍してくれました。


あっ、でも、無料だからお試し利用したのは事実ですけど、今後も冬場のアジア旅行には積極的に利用してみたいと考えているのは事実です。


特にカップのようにバックパックスタイルで旅行する方には重宝します。


今回の旅行は、タイ航空ビジネスクラスということで手荷物も40kgまで無料で預けることができるのですが、カップは預けに持つなしです。以前、預けたバックパックが雨に打たれて現地で受け取った経験がありますので、できるだけ機内持ち込みしています。


スーツケースを預けて、現地の空港にはホテルからの送迎サービスを受けられるという方であれば別ですが、カップの予定はコロンボ空港に深夜到着の後、エアポートホテルまで最悪20分程度歩こうと考えていましたので荷物は軽い方がありがたいのです。実際には300ルピーでスリーウィラーに送ってもらいましたけど、交渉がうまく行かなければ歩くつもりだったのです。300ルピーはほぼ言い値ですが、法外の値段ではありませんし、深夜24:30頃ですので妥協しました。ちなみに向こうの最初の提示額はUS3ドルです。(300ルピーは日本円換算で220円くらいだったと思います。)


コート預かりサービスを無料で受けられるクレジットカード


キャセイパシフィック航空MUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードは解約予定ではありますが、来シーズンの旅行のために、どのようなクレジットカードを持てばコート預かりサービスを無料で受けられるのか少し調べてみました。


  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

  • JALプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

  • SuMi TRUST CLUB プラチナカード

  • SuMi TRUST CLUB リワード ワールド カード

  • ダイナースプレミアムカード

  • ANAダイナース プレミアムカード



あれ?他にも対象のカードはあるのでしょうが、アメリカン・エキスプレス・カードでは行っていないんですね。カップとしては意外でした。


多少なりとも年会費を押さえたいならSuMi TRUST CLUB リワード ワールド カードだと年会費15,000円(税別)になりますが、このサービスのためにカードを申し込むことはないでしょう。もともと1,000円~2,000円で受けられるサービスのために15,000円を超える年会費はあり得ません(`・ω・´)


しかし、無料にこだわるのではなく割引で手を打つなら、20%割引になるカードをご紹介します。


  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード



年会費も安く初年度無料というキャンペーンも継続実施中ですから利用しやすいかもしれませんね。


カップの手持ちのカードでも年会費実質無料で持っているJCBビジネスエクスプレスカードは15%の割引になるということですから次回利用してみるかもしれません。


【実践例】中部国際空港(セントレア)でのコート預かりサービス


セントレアでは、JALエービーシーのカウンターが出発階(3階)、到着階(2階)にあります。


当たり前のことですが、預けるときは出発階が便利で、受け取るときは到着階で利用できると便利です。


JALエービーシーは、顧客に便利なようにこのように対応してくださっています。


つまり、出発日に3階で預けたコートが、到着時には2階で用意されているということです。


当日は予約なしで申し込みできます。氏名、帰国日、利用する便名などを記入して、カードを提示、利用のサインをするだけで手続きOKです。


非常に身軽になれて嬉しく思いました。空港自体は、非常に混雑していた時間帯(午前9時ごろ)でしたが、JALエービーシーのカウンターは空いていました。


近日出国予定のある方はご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク