スポンサーリンク

SPGアメックス

スターウッド プリファード ゲストR アメリカン・エキスプレスR・カード 、通称SPGアメックス。以前から魅力的なカードだと考えていましたが、年会費31,000円(税別)が高く手が出せませんでした。

しかし、昨年、SPGとマリオットのアカウントをリンクすることで更に輝きを増したベネフィットが気になってしかたがなくなってしまったからです。

スポンサーリンク



アカウントリンクでマリオットゴールド


SPGアメックスを持っていれば、それだけで、SPGRホテル&リゾートの充実したサービスとエリート会員である「ゴールド会員資格」を有することができます。


それだけでなく、マリオットとの会員アカウントをリンクすれば、ステータスマッチでマリオットゴールドの資格を有することもできます。


SPGゴールドは、もちろん魅力的な資格なのでしょうが、以前、お話しした通り、カップとしては、マリオットゴールド資格は、SPGゴールド以上に魅力的なステイタスに思えます。


31,000円(税別)の年会費は、高額ではありますが、マリオットとの合併から生じたアカウントリンクによるステータスマッチは、裏技好きのカップとしては見逃せない優遇措置に思えるのです。


マリオットゴールド > SPGゴールド の価値観を持つカップにとって、本来同等の価値だから成立すべきステータスマッチに、マリオットとSPGのアカウントリンクによるステータスマッチには、一種のギャップを感じぜざるを得ないのです。


もともと憧れていたSPGアメックス。カップは先月に入会しました(^O^)



年会費の捻出方法


ところで、カップは、今年の3月までにキャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードとマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAの解約を考えています。


キャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードとマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAを解約すれば、クレジットカードにかかる年会費が40,000円(税別)浮くことになります。


SPGアメックスの年会費が31,000円(税別)だから、初年度分の年会費は、この浮いた分で何とか賄うことができます。


SPGアメックスのポイントプログラム


陸マイラーとしては避けられない議論の対象であるクレジットカードのポイントプログラム。SPGアメックスでは、通常のショッピング利用ですと100円につき1スターポイントを貯められます。

20,000スターポイント貯めて、航空会社のマイレージプログラム25,000マイルに交換したとしても、所詮は100円あたり1.25マイルの還元率ですから、100円1.5マイル貯まるキャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードやマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAに比べるとお得感はありません。


SPGアメックスを申し込む以上、マイルを貯める目的以外のベネフィットを見出さなければいけませんね。


マリオットゴールド資格を使い倒す秘策


マイルを貯める目的以外のベネフィットといえば、当然ホテルの上級会員になることで受けられる利益の受け方に議論は移ります。


先述した通り、カップは、マリオットゴールドの方がSPGゴールドよりもレベルが上だと考えていますので、本日は、マリオットゴールド資格を使い倒す方法について考えます。


マリオットリワード、宿泊に要するポイント数


マリオットゴールドになれば、ホテルの上級会員として宿泊時にメリットを受けられますので、まずは、お得に宿泊する方法について考えます。


マリオットリワードのプログラムでは、一定のポイントを利用することで宿泊が可能ですから1泊の宿泊に必要なポイント数を調べてみました。

<1泊の宿泊に必要ポイント数>
ホテルカテゴリー
ホテルリワード ポイントセーバー リワード
1 7,500 6,000
2 10,000 7,500
3 15,000 10,000
4 20,000 15,000
5 25,000 20,000
6 30,000 25,000
7 35,000 30,000
8 40,000 35,000
9 45,000 40,000

ポイントで4泊すると、5泊目が無料に!

ポイント数はスタンダードルームを基準としております。また、滞在日数やホテルのカテゴリーやティアにより異なる場合があります。ポイントの追加によるアップグレードが可能な場合もあります。特典除外日はありません。



ポイントセーバーリワードで宿泊するには、条件がありますので、今回は、通常のレート(上記表のホテルリワード)の必要ポイント数を基準としたいと考えます。


注意書きにポイントで4泊すると、5泊目が無料にという嬉しいメリットがありますので、4泊を念頭に目標を立ててみたいと考えます。


例えば、一年間に200万円相当のショッピング利用をSPGアメックスで決済すると、通常20,000スターポイントを獲得できます。入会3か月以内に10万円利用で獲得できるボーナス10,000スターポイントを加えれば、30,000スターポイントです。


スターポイントからマリオットリワードへの交換レートは3倍ですので、

ポイ探の交換ルート


上記の通り、マリオット90,000ポイントになりますね。


ポイ探の価値観では、35,100円分のポイントが22,500円分に目減りしてしまいましたが、ここでは、気にしないことにします。別に22,500円に換金するわけではありませんから( ´艸`)


4泊すればプラス1泊できるという特典を利用しようとするならば、90,000リワードで4泊宿泊できるホテルは、カテゴリー4のホテルということになります。


ホテルカテゴリー4のホテル


マリオットのカテゴリー4のホテルは、リンク先の通りなのですが、カップが利用しやすそうなホテルは、ホテル価格の安いタイランドあたりなのでしょうか。

カテゴリー4のホテル(タイランド)


う~ん、でも、確かに4泊分のポイントで5泊とはお得ですが、海外で同じホテルに5泊とは、カップのライフスタイルでは無理がありそうです。せいぜい2~3泊で十分な気もします。

同じカテゴリー4のホテルでは、セブ島のマリオット セブ シティ も少し気になりましたが、正直、一人旅ならもっとグレードの低いホテルに泊まるような気がします。


国内のホテル


となると、せっかく貯まる予定の90,000ポイント。一人旅ではなく家族旅行で使いましょうか。あ~、でも、3人で泊まるには2部屋必要になりそうですね。なかなか難しいかもしれません。ちなみに国内のホテルのカテゴリー表は下記の通りです。


カテゴリー ホテル
6 コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
コートヤード新大阪ステーション
名古屋マリオットアソシアホテル
7 軽井沢マリオット・ホテル
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
ルネッサンス リゾート ナルト
オキナワ マリオット リゾート&スパ
8 ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション
東京マリオットホテル
大阪マリオット都ホテル
ルネッサンス・オキナワ・リゾート
2016年と比べると、大阪マリオット都ホテルとルネッサンス・オキナワ・リゾートのカテゴリーが7から8へ上がった一方、名古屋マリオットアソシアホテルが7から6へ下がりました。


上記の他にも、下記4つのホテルが近日オープンする予定です。

  • 南紀白浜マリオット・ホテル(2017年6月)


  • 富士マリオット・ホテル山中湖(2017年6月)


  • 伊豆マリオット・ホテル修善寺(2017年7月)


  • 琵琶湖マリオット・ホテル(2018年1月)



カードをつくってもすぐにポイントが貯まるわけではありませんので、新しいホテルを狙ってみても面白いかもしれません(^^;


【SPGアメックス】17,000スターポイントもらえる入会キャンペーン


最後に、SPGアメックスのお得な新規入会キャンペーンのお知らせです。


それは、アメリカンエキスプレスカードの友達紹介制度。


既存のアメックスホルダーからの紹介でSPGアメックスに入会すれば、通常カード入会後3月以内に10万円のカード利用で10,000スターポイントのところ、7,000pt増しの17,000スターポイントもらえるというお得なキャンペーンです。


ブログでリンクを貼ることは禁止されているようですので、マイルdeチケットの読者様には、メールをお送りいたします。


コメント欄にメールアドレスを入力して送っていただければ、折り返しリンクをつけて返信します。

コメント欄


なお、コメントを送信するときに、上記非公開コメントにチェックを入れていただければメールアドレス、コメントともに公開されることはありません。チェックがなくても公開はコメントだけでメールアドレスは公開されません。


あるいは、SNSでの紹介はOKみたいなので、下記からどうぞ。


アメリカンエキスプレスカードの友達紹介制度


10万円のカード利用で得られるスターポイントは、


カード利用分1,000pt
     +
ボーナス17,000ptのあわせた

18,000スターポイント


マリオットリワード54,000ポイントになりますから、それだけでカテゴリー9の高級ホテルに宿泊できます。お得ですよ!

スポンサーリンク




 カテゴリ
 タグ