スポンサーリンク

今年も残りは、あと一か月

昨年カップは、ふるさと納税を始めて実践しました。ちょうど、妻が新しい腕時計を欲しがっていることを知っていましたし、ふるさと納税で目当ての時計があったからです。

実質2,000円で妻へのプレゼントを用意したことには批判もあるでしょうが、たぶん、同じ時計を普通に買ってプレゼントをした場合よりも喜んでもらえたのではないかと自己分析しています。

4~5万円の時計でも、普通にプレゼントしたら無駄遣いと、妻が気後れしてしまうと思ったのです。

セレブな家では考えられないことでしょうが、この辺の庶民感覚、ご理解いただける読者様が一人でもいると嬉しく思います。

スポンサーリンク



ふるさと納税の目当ては特産品


ふるさと納税とは、本来は、自分が居住していない市町村への寄付のことをいいます。

本当は、納税ではなく寄付なのだけど、いわゆる寄付金控除で通常の寄付よりも多額の還付を受けられるので、まるで、居住地ではなく、寄付金先へ納税しているイメージがあるからふるさと納税と呼ばれるのでしょう。

いわゆる寄付金控除が通常の寄付よりも有利に計算されるふるさと納税、自分が課税される税金についてしっかり把握すれば、実質2,000円で寄付先の自治体から特産物をもらえることがあります。

しかし、すべての自治体がお礼の特産品を用意しているわけではありません。

特産品を用紙していない自治体に寄付をして寄付金控除で税金を安くする方法も、もちろん有りです。

例えば、実質負担が2,000円になる寄付上限額が10万円として、自分が贔屓に考えている自治体に10万円寄付すると、居住している自治体の住民税が9万8千円安くなります。

贔屓の自治体の収入が10万円増える代償が、10万円ではなく、控除後の税金との差額2千円というのは面白いですね。

細かく考えれば、自分の自治体の税収が9万8千円少なくなり、自分が受けられる行政サービスの質も低下するのかもしれませんが、それなりの都市なら税収自体が巨額なので行政サービスの質の低下はあまりないのかもしれません。

むしろ、贔屓の自治体がそれにより活性化して、日本経済に良い意味で影響を与えれば、周り回って日本全体の景気上昇で自分の自治体へも、減った税収分以上の恩恵があります。

そう考えると、ふるさと納税は個人の損得の問題以上に、お金をしっかり回して日本経済に刺激を与える目的で、どんどん実践していくのもよいのではないでしょうか。

景気対策に費やされる税金が、一部不要になれば、あなたの住む自治体も、あなたが他所に寄付した10万円以上に節約できるかもしれませんよ。

ふるさと納税、特産品がなくても実践する価値ありです。


ふるさと納税で特産品目的でなくても得する寄付の方法


今年、カップは特に寄付したい自治体を見つけることはできませんでした。

昨年のように12月にLCCピーチで台湾に行く旅程を立てられれば迷わすピーチポイント目的のふるさと納税を実践するのですが、今年は、どうゆうわけかそれほど海外脱出への情熱がありません。

カップの海外旅行の動機は、非日常を求める気持ちが強いのですが、それは、仕事などのストレス発散というニュアンスもあります。

次の旅程は年明け2月のスリランカですが、それまでにも、ちょっと出かけてこようという気持ちにはなっていないのです。

いい感じにストレスをコントロールできているのかもしれませんね。

ということで、今年は、日本経済活性化のために2千円の負担でふるさと納税を実践します!

と考えて結論付けるほど、人間ができているわけでもなく、やっぱりふるさと納税はお得だから実践するのです。

とはいっても、いくら2千円で特産物をもらえるからお得だからといっても、不要なものをもらっては意味ありませんよね?

特産品についてはしっかり吟味して、寄付先を選ばなければ、下手すれば2千円の損!ということになりかねません。

でも、例え欲しい特産品がなくても、あの自治体に寄付すれば損することはありません。

本日は、その自治体を2つ紹介します。

その自治体とは・・・

です。




楽天ふるさと納税でポイント10倍キャンペーン開催


決して損をしない理由、それは、楽天ふるさと納税でポイント10倍キャンペーンを行っているからです。

例えばあなたが実質2千円でふるさと納税できる金額が10万円とするならば、ポイント10倍で楽天ふるさと納税すれば、楽天スーパーポイント1万円分を獲得できます。

後々、9万8千円の税の還付を受けられるわけですから、実質2千円で1万円分のポイントを購入したということになりますよね?

しかも、この10倍ポイントは、ショップのポイントですから楽天お得意の期間限定ポイントではありません。

ANAマイルにも交換できる楽天スーパーポイントです。

交換可能なポイント数の上限は毎月20,000ポイントまでですから、10,000ポイントなら問題なくANA5,000マイルに交換できます。

いわゆるソラチカルートとは別ルートで、2,000円でANA5,000マイル購入できる楽天ふるさと納税、陸マイラーならやらない理由はありません。

すでに、カップは、先月同様のキャンペーンで今年のふるさと納税は実践済みですが、まだ、面倒だという理由で行っていない人は、是非、この機会に実践してください。

ちなみに、宮崎県都農町は、11月14日23:59がポイント10倍の期限で、10倍対象の特産品も一部となっていますから、間違えて10倍対象外の特産品を選ばないように気をつけましょう。

一方で、宮崎県川南町は、すべての特産品が10倍対象になっています。

キャンペーン期間も、11月21日(月)午前9時59分までと多少の余裕があります。

いずれにしても、今年のふるさと納税可能な時期も残りひと月あまりしかありません。まだ意中の寄付金先が決まっていないのなら、今年は、都農町か川南町の楽天スーパーポイント10倍を狙ってみるのも面白いのではないでしょうか。(豚肉嫌いじゃない人には特にお勧めです(^.^)/~~~)

スポンサーリンク