スポンサーリンク

ソラシドエアカードの入会キャンペーン。

  1. キャンペーン登録

  2. リボで10万円支払い

  3. iDで3万円の支払い

3つの条件で18,000マイル貯められます。

10万円のカード利用の条件は、簡単にクリアできそうですが、カップは電子マネーiDの利用をあまりしません。

①と②の条件クリアでも、十分目標マイルを貯められるのですが、どうせならキャンペーン完全攻略してみたいと考えていますので、iDの利用法を考えてみました。

スポンサーリンク

三井住友iDでふるさと納税


iDを使いたいといって、他店で安く売っている商品を購入するのは最終手段。

多少高く買ってもソラシドエアカードの入会キャンペーンでもらえるマイルの方がお得という理屈は今回は通用しません。

なぜなら、iD利用によるボーナスマイルをもらわなくても、目標マイルに到達するわけですから。

ということで、iDでも他の方法でも同じ価格のものを探してみますと・・・



税金がそのターゲットになりました( ゚Д゚)



カップは、今年まだ、ふるさと納税をしていません。

ふるさと納税なら、カードで支払っても、iDで支払っても金額は変わりません。

例えば、3万円の納税をすると決めれば、どのような手段でも3万円の負担ですね。

ということで、今回は、三井住友iDでふるさと納税をする方法を考えてみました。


三井住友iDでふるさと納税できるサイト


ところで、ふるさと納税は三井住友iDで行うことができるのでしょうか。

カップが昨年行ったふるさと納税の対象は、静岡県焼津市でした。

心のふるさとである焼津市へ三井住友iDで納税(というか寄付)する方法を考えてみると、



楽天ふるさと納税



を利用すればよいのでは???



楽天ふるさと納税は楽天スーパーポイントで支払えます


楽天ふるさと納税<なら、三井住友iDでふるさと納税できるのでしょうか。

直接iD払いはムリそうですが、楽天ふるさと納税なら、楽天スーパーポイントで支払いはできるはず。

楽天ふるさと納税サービスのご案内を見てみると、

「楽天ふるさと納税」について
「楽天ふるさと納税」は、楽天市場が提供するふるさと納税のサービスです。
楽天会員であれば、会員IDを使用して、楽天市場のお買い物と同じステップで自治体への寄附ができます。お支払いにはクレジットカードも楽天スーパーポイントもご利用いただけます。
また、ご利用金額に応じて、スーパーポイントが付与されます。
楽天会員以外の方でも、サービスをご利用いただくことが可能です。


と説明されていますね。

つまり、楽天スーパーポイントでふるさと納税(自治体への寄付)ができるのです。

カップが昨年利用した静岡県焼津市(楽天ふるさと納税)への寄付も対象になっています。

楽天ふるさと納税なら100円につき1ポイント楽天スーパーポイントを貯めることもできますからクレジットカード払いするときでも、お得です。

でも、今回は三井住友iDで支払うことを目的としていますから少し工夫が必要です。


三井住友iDで楽天ふるさと納税をする方法


その工夫とは、ドン・キホーテで楽天ギフトを三井住友iDで購入することです。




詳しくは上記「ドン・キホーテの裏ワザ for 陸マイラー」をお読みください。

今でも、ドン・キホーテで楽天ポイントギフトカードをiD払いできるのなら、

  1. ドン・キホーテで楽天ポイントギフトカードをiD払いで購入

  2. 楽天ポイントギフトカードを登録

  3. 楽天ふるさと納税で楽天ポイント払い

以上のプロセスで三井住友iDでふるさと納税を行うことができます。

ふるさと納税をする自治体は、静岡県焼津市以外にも沢山あります。

楽天ふるさと納税 参加自治体一覧で探してみてください(^O^)/


楽天ふるさと納税ならお買い物マラソンの対象に


しかも嬉しいことに、楽天ふるさと納税なら、楽天市場お買い物マラソンの対象になります(*^_^*)

楽天ふるさと納税お買い物マラソン
楽天ふるさと納税お買い物マラソン

上記バナーにある通り、

  • 買い回りでポイントアップ

  • 1自治体=1ショップとしてカウント

されるのです。


ふるさと納税では、上手に活用すれば「60,000円の寄附をして、58,000円の控除」というように、実質2,000円の負担で地域に貢献でき、お礼の品を受け取ることができます。

と説明がありますが、仮に10自治体に1万円ずつふるさと納税すると、

楽天ふるさと納税では、上手に活用すれば「100,000円の寄附をして、98,000円の控除」されるうえ、楽天スーパーポイントを10,000円分獲得でき、地域に貢献でき、お礼の品を受け取ることができます。

ということになりますね(゜レ゜)



なんだかとってもお得な気持ちになってきました。

カップにとっては必ずしも必要のないiD利用3万円ですが、iDを使うために久しぶりにドン・キホーテに行ってこようと思います。

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ