スポンサーリンク

おはようございます。
前々回のブログで残業がないと書いたとたん忙しくなったカップです。
本日はJALマイレージバンクリニューアルのニュースとその対策について考えてみましょう。

その内容とは、マイレージランキングをチェック

スポンサーリンク

ANAマイレージクラブリニューアル同様、安い割引運賃に対するマイル積算率が下がっているのが特徴です。

一方FLYONプログラムは、アジア線やオセアニア線搭乗時は150%で計算されるようで改善と言えるかもしれません。

JALのお知らせでは、改善の部分を強調していますが、割引運賃利用者からみると、すごい改悪と言うしかないかもしれません。

でも、JALカードを持っている方には2,100円で救済措置を利用することができます。
それは、ツアープレミアムに登録することです。

割引運賃の積算率が下がっても、ボーナスマイルと合わせて100%のマイルが加算されます。
ツアープレミアムのような制度があるので、今回の改定はANAのリニューアルのときほどショックは大きくないのかもしれません。
年会費もショッピングプレミアムのように値上げすることもないようですので、割引運賃利用のマイラーさんにとっては必須のアイテムになるかもしれませんね。

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ
None