スポンサーリンク

The Kitchen Hostel AO

石垣ドライブプランを企画したカップでしたが、旅程は一泊二日の強行日程。

宿泊は石垣ではなく那覇になりましたが、今回は事前に予約したホテルをいったんキャンセルし、ゲストハウスに予約をしなおしました。

台風の影響を心配して出発当日の午前中まで行くか行くまいか迷っていたこともあり、当日キャンセルでも負担が少なくなるように、もともとの宿泊料金が安いゲストハウスを選んだのです。

スポンサーリンク

THE KITCHEN HOSTEL AO(ザ・キッチン・ホステル・アオ)


カップが選んだゲストハウスはザ・キッチン・ホステル・アオというゆいレールの県庁前と旭橋の間にあるゲストハウスです。

ゲストハウスはコストを抑えられる分いろいろ我慢しなければならないところもあるのは確かですが、ザ・キッチン・ゲストハウス・アオは結論から言うと非常に快適でしたのでマイルdeチケットでも紹介させていただきます。

ゆいレール県庁前から徒歩5~6分のロケーション


おすすめポイントその1はロケーションです。

那覇空港からゆいレールで県庁前まで来て、そこから徒歩5分程度で到着します。

初日は、地理不案内で少々迷いましたが、道順自体は単純ですので一度覚えれば二度と迷うことはないでしょう。

ちなみに、地図を示すと下記の通りです。

THE KITCHEN HOSTEL AOまでのアクセス
ザ・キッチン・ホステル・アオへのアクセス

THE KITCHEN HOSTEL AO(ザ・キッチンホステル アオ)の宿泊プラン


ザ・キッチン・ホステル・アオは2016年9月オープンの施設です。

宿泊プランは現在、オープン記念で素泊まり2,700円、朝食付き3,238円ですが、誕生月に泊まるときは、素泊まり1円というサービスも実施してます。

誕生日ではなく、誕生月というのが嬉しいですね。

残念ながらカップは、9月誕生ではありませんので、今回は朝食付きのプランで宿泊しました。

正直、石垣往きの飛行機は午前7時30分発でしたので、のんびり朝食を食べる暇はなかったのですが、ザ・キッチン・ホステル・アオの朝食は午前6時スタート。ゆいレールの県庁前も徒歩5分程度ですので、ちょっと急げば始発から3番目の6時30分発のゆいれレールには間に合います。

朝食は、4つくらいのメニューから選びます。カップが選んだのはザ・キッチン・ホステル・アオおススメのピタパンです。

ザ・キッチン・ホステル・アオの朝食

アオの宿泊施設は2階なのですが、1階がピザ・レストランで朝食会場になっています。

ピザ屋さんのピタパンならはずれはないでしょうと思いチョイスしました。

コーヒー、ミルク、ジュースのドリンクバーもあります。

ザ・キッチン・ホステル・アオの様子


ザ・キッチン・ホステル・アオは1階がピザ・レストラン、2階が宿泊施設になっています。

宿泊エリアのセキュリティ


宿泊エリアに入るには毎日変わる4ケタのコードを入力しなければいけません。

カップは1泊でしたからコードも1回覚えるだけでよかったです(翌朝も変わりません。)が何日か泊まるときは少々面倒を感じるかもしれませんね。

でも、セキュリティレベルが高くなるのでやむを得ないのかなと思いました。

2階はリビング(共有スペース)と男性宿泊エリア、女性宿泊エリアに分かれています。

宿泊エリアに入室するには、その都度前述のコードの入力が必要です。

二段ベッドで宿泊


ちなみに男性宿泊エリアの様子はこのとおりです。

ザ・キッチン・ホステル・アオのベッドルーム

シャワールームへ

カプセルホテルよろしく二段ベッドが並べられており、蜂の巣のようになっています。

カップは、コーナーの下段のベッドをあてがわれました。

まだ新しいということもありますが、清潔に保たれており不都合は全くありませんでしたよ。

ロッカーとトイレとシャワー室


宿泊スペースには二段ベッド以外にも個人用のロッカーがあります。

到着時に開けてみましたが、館内で履くスリッパや簡単なアメニティセットが入ってました。

ザ・キッチン・ホステル・アオのアメニティ

アメニティセットは上の通りですが、その他のグッズも安価にフロントで販売されていました。まあ、徒歩1~2分のところにローソンがありますから、足りないものはこちらで揃えることもできますけどね。

1階のピザ・レストランで夕食


那覇到着時に琉風タクシープール店でお腹いっぱい食べてしまいましたので下のレストランには午後9時頃行きました。

別に、夕食は外で食べてもいいのですが、今回のゲストハウスは好印象でしたから施設の方ともお話しできるかなと思い、このお店をチョイスしました。

カウンター席に通されメニューを渡されました。

正直、空腹感はなかったのですが、ピザ屋さんなのでピザを注文。

そして、一人旅でもワイン飲み放題の注文がOKでしたから迷わず注文。

ワイン飲み放題1499円(税別)

スパークリングワイン、白・赤ワイン、そしてチェイサーとしての泡盛が飲み放題です。

泡盛飲み放題

え?チェイサーとして泡盛?

なかなか強烈なジョークです。

カップは泡盛は慣れていませんので、慎重に、でも結構頑張って、チェイサーとして(笑)飲みました。

アルコールを頑張って飲むなんて、現代の若者はきっとしないんだろうなと思いつつ、若者でないので、スパークリングワイン、白・赤ワイン、そしてチェイサーとしての泡盛を頑張りました。

2時間ほど頑張って満足。飲み放題の残り30分の権利は放棄して2階に上がり、シャワーを浴びて眠りました。

とても快適に宿泊できましたので読者様にもお勧めできます。

ゲストハウスに快適に泊まるための条件


さて、今回ゲストハウスにもかかわらず、とても快適に宿泊できたことには理由があります。

それは、カップにとってゲストハウス最大の欠点を免れたからです。

カップにとってゲストハウス最大の欠点とは何だと思いますか?

それは、パーソナルスペースの問題です。

カプセルホテル的なベッドに不満はありませんが、自分のすぐ上や隣に他人の気配がすると、正直落ち着きません。

でも、今回は、めちゃくちゃ空いていましたので、その問題から免れることができました。

ゲストハウスが空いていた理由は、台風が接近していたことも原因の一つだと思います。

しかし、オープンまもないということも原因の一つではないでしょうか。

那覇には評判の良いゲストハウスが多くありますが、たまに、主のような人がいたり混みすぎていたりすると、せっかく素敵な宿であっても快適さが損なわれます。

オープン間もないゲストハウスならそういったリスクを多少なりとも抑えられるかなと考え、ザ・キッチン・ホステル・アオの予約をしたのです。

目論み通り、安く快適な宿を選ぶことができました。

快適に過ごせたのは、もちろん、スタッフさんの暖かいおもてなしが一番の理由だと思いますが、カップ同様混みあっているゲストハウスは避けたいなと考える方は、どうぞ参考にしてください。

オープン大セールで激混み( ゚Д゚)ということもありますから自己責任でお願いします。

スポンサーリンク





 カテゴリ