スポンサーリンク

LINE PayカードはANA陸マイラーご用達

100円で2マイル貯められるクレジットカードはお持ちですか?


カップは持っています。マイレージププラスMUFGカードゴールドプレステージVISAです。


通常100円で1マイルですが、楽Pay登録で2マイルになります。海外利用だと3マイルというおまけもあります。


でも、本日はマイレージプラスの話題ではなくANAマイルです。


これまでの常識を覆すような100円でANA2.12マイル貯められるカードが誕生しました。

スポンサーリンク

還元率2%のLINE Payカードを陸マイラーが使ったら?


LINE Payカードはクレジットカードでなくプリペイドカードです。



プリペイドカードですので、公共料金の支払い登録はできませんし、JCBといえども本人認証サービスがないので、nanacoへのクレカチャージにも利用できません。



でも、JCBが使えるお店なら、どこでも使えますのでショッピングなどで不便することは少ないと思いますよ。



さて、そんなLINE Payカードで貯まるポイントがLINEポイント。



このLINEポイントは、なんとANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)ホルダーご用達のソラチカルートを使ったANAマイル化ができるようになりました。



具体的には、LINEポイントは下記のレートで交換可能です。


  • LINEポイント300pt→270メトロポイント

  • LINEポイント500pt→450メトロポイント

  • LINEポイント1,000pt→900メトロポイント


なんと、90%の交換率でメトロポイントに交換できます。



もちろんLINEポイントから交換したメトロポイントもソラチカルートでANAマイルに交換できますから、結局LINE Payカードで獲得した2%のLINEポイントが2%×0.9≒1.8%のメトロポイントとなり、1.8%のメトロポイントがソラチカルートで1.8%×0.9=1.62%のANAマイルとなるのです。



これって、やっぱりお得ですよね。



本日のお題はANAマイル還元率2.12%のカード


ここで終わっては、結局LINE Payカードはカード利用で貯まるLINEポイントをメトロポイントに交換できるようになったのでANAマイル還元率が1.62%になりますという話となってしまいます。



本日のお題はANAマイル還元率2.12%と言うことですから話を進めますね。



といっても、その方法とは、




で説明した通りです。興味がある方は是非実践してみてくださいね。



裏技の乱用はよくない(不利益がある)という噂も聞きますが、常識の範囲内の利用ならカップは全く問題ないと考えます。



残念ながらカップはとある理由で、LINE Payカードには30万円弱の金額をチャージしたのは1回だけですが、将来また試してみようと思います。



とある理由は隠す必要もないので、公開します。下記記事を読んでみてください。



とりあえずは、50万円のカード利用をしたのち、手持ちのLINE Payカードの残高がなくなったころ、再びチャージする予定という話です。本日の情報を実践しないということではありません。



本日紹介したANAマイル還元率2.12%のカードの利用については、ソラチカカードは年会費2,160円必要ですが、LINE PayカードもファミマTカードも年会費無料ですので、大した負担なくANAマイル還元率2.12%のカードをつくれます。間違いなくお得ですよ。

スポンサーリンク