スポンサーリンク

LINEペイカード

LINE Payカードってご存知ですか?

還元率2%のプリペイドカードです。

カップは、今月ANA VISAプリペイドカードの他にLINE Payカードも新規発行してしまいました。

プリペイドカードにクレジットカードにチャージすることはカードの規約違反なのか? で昨日問題提起しましたが、カップは節度ある利用であれば、規約違反とは考えていませんので、今回LINE Payカードにもクレジットカードでチャージしてみました。

その実践例を報告します。

スポンサーリンク

LINE Payカードのチャージ方法


残念ながらLINE Payカードのチャージ方法は、下記の通りで公式ではクレジットチャージは認められていません。

  • 銀行口座

  • コンビニ

  • Pay-easy

  • オートチャージ(銀行口座)

でも、ちょっと待って。

2つ目のコンビニというのは使えるかもしれませんね。

確かドコモ口座へのチャージでもセブンイレブンを利用してコンビニチャージするときは、nanacoでの支払いが可能ですからnanacoチャージでポイントを貯められるクレジットカードを使えば、間接的にクレジットカードしたことになりました。

同じ手法でセブンイレブンでチャージできないか考えてみました。

チャージ可能なコンビニエンスストア


でも、LINE Payカードにチャージ可能なコンビニエンスストアは限られていました。

  • ローソン

  • ファミリーマート

  • ミニストップ

  • サークルK

  • サンクス

  • セイコーマート

残念ながらセブンイレブンはありません。

還元率2%のリクルートカードプラスでnanacoチャージして、セブンイレブンでLINE Payカードにnanacoでチャージするという目論見は外れてしまいました。

もし、上記の方法が実現できたら2%+2%で還元率4%のプリペイドカードとなったのに残念です。

救世主はファミリーマートでファミマTカード


とはいってもチャージと利用で還元率2%超の使い方をあきらめきれません。

チャージ可能なコンビニにファミリーマートがあることに注目しました。

そうです。ファミリーマートは、税金を除く収納代行もファミマTカードで行えるしLINE PayカードのチャージもファミマTカードで行えるのではないかと考えたのです。

【実践例】ファミマTカードでLINE Payカードチャージ


それでは、実践例の報告です。

LINE Payカード申込と本人認証


まずはLINE Payカードを申し込み、本人認証のために免許証の撮ってLINEへアップロードしました。

LINE Payカード到着


カードを申し込んで9日後にLINE Payカードが手元に届きました。

クレジットカード同様の使い方をしますので、まずは、裏面の署名欄に署名します。

続いて、LINEアプリを立ち上げ利用開始の手続きを行います。

利用開始の手続きは、カード裏面の3桁のセキュリティコードを入力するだけで簡単です。

アプリでチャージ金額を指定


利用手続き完了後、チャージの手続きをします。

自宅でアプリを立ち上げ、LINE Payのメニューから、チャージチャージを選択すると、銀行口座、コンビニ、Pay-easy、オートチャージのオプションが表示されましたのでコンビニを選択しました。

続いて、チャージ額を指定します。

+1,000円、+5,000円、+10,000円のボタンがありますので、10,000円ボタンを連打します。

ファミマTカードで支払いできる金額の上限は、30万と考えていましたので、30回押してみましたが、表示は299,000円でした。

チャージ限度額は、299,000円ということなのでしょう。

ファミマでファミマTカードで支払い


手続きを進めますと、翌日の期限までにファミリーマートでお支払いくださいとメッセージがでました。

以上の手続きをしたのが、月曜日でしたので、火曜日中には支払わなければなりません。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ファミマTカードは通常利用額の0.5%分のTポイントを貯められるカードではありますが、火曜日、土曜日はファミマ利用分は特別に1%の還元率となります。

ファミマTカードで2,990ポイント獲得

たまたま月曜日に手続きをしたのでうまく火曜日に支払うことができましたけど、手続きの翌日までに入金を求められるとは知りませんでしたので危なかったです。

ファミリーマートではFamiポートでチャージ金額を指定したときに示されたコードを入力してFamiポート申込券を印刷します。

あとは、その申込券をレジに持って行って支払えばチャージ完了です。

支払いは現金かファミマTカードに限定されますので、陸マイラーとしては必ずファミマTカードを活用しましょう。

ちなみにファミマTカードはGetMoney!(ゲットマネー)経由で申し込むと、今なら7,000円分のポイント(70,000pt)を獲得できます。

ファミマTカードはGetMoney!(げっとまねー)がお得

陸マイラー人気No.1ポイントサイト、ハピタスでも3,750円分のポイントを獲得できますが、今回はGetMoney!(ゲットマネー)に軍配が上がります。

カードの入会キャンペーンでも、カード発行翌月末までに10,000円カード利用するだけで2,000円分のTポイントを獲得できます。

LINE Payカードに10,000円チャージするだけで条件クリアですから簡単ですね(*^^*)

ファミマTカードをサブカードとして持つべき理由


さて、今回は、ファミマTカードとLINE Payカードのコラボで、チャージで1%、利用で2%の合計3%の還元率を実現することができますとまとめようかとも思いましたが、以前に記事にしてしまったキャンペーンもありますのでもう少し話を続けます。

以前の記事とは、瞬間還元率3%!春の3%ポイントバックキャンペーンです

瞬間還元率3%!春の3%ポイントバックキャンペーン

記事にある通り、カップは春の3%ポイントバックキャンペーンに登録していますので、299,000円のLINE Payチャージで299,000×3%=8,970ポイントのボーナスポイントを獲得できるのではないかと目論んでいます。

目論み通り8,970ポイントのTポイントを獲得できるなら、今回のLINE Payカード299,000円分の利用での還元率は、

チャージ1%+利用2%+ファミマTカードのボーナスポイント3%で6%の還元率を実現できるかもしれません。

これは、お得です。今後もファミマTカードとLINE Payカードからは目が離せませんね(^^)/

あならもファミマTカードとLINE Payカードを申し込んでみませんか。

どちらも年会費無料でお得ですよ。

しつこいですが、ファミマTカードは、GetMoney!(ゲットマネー)経由がお得です。

【注意】Famiポートを利用したファミマTカードでのチャージでのTポイント付与は2017年3月31日に終了しました。しかし、POSAを利用することで、3%還元は継続可能です。POSA利用については下記記事をご覧ください。




スポンサーリンク