スポンサーリンク

吉野家牛鮭定食

札幌から戻ってきました。

帰りの飛行機はBAエグゼグティブクラブで取得したJAL国内線特典航空券での搭乗です。

もちろん新千歳空港からの搭乗ですが、搭乗の前に腹ごしらえで空港内の吉野家に入店しました。

カップが注文したものは上記の牛鮭定食です。

本日は580円の牛鮭定食で一体いくらのANAマイルを貯められたか考えてみます。

スポンサーリンク

基本は100円1マイルでもジェフグルメカードで実質還元率アップ


新千歳空港1階到着エリアにある吉野家では、waon以外でも種々の電子マネーで支払いが可能です。

なんと、カップがもっとも利用する電子マネーnanacoでも決済可能。

さすが空港内の施設ですね。

しかし、今回カップが支払いに利用したものは電子マネーではなく、ジェフグルメカードです。

2015年3月に申し込んだクレジットカード(妻のANA VISAカード)の入会キャンペーンの条件をクリアするために3万円ほど決済額を上積みする必要がありました。

確か、iD利用で3万円、カード利用10万円の利用条件があったキャンペーンだったと記憶しています。

iDの決済額を増やす方法として、ドン・キホーテで楽天ギフトカードを購入しましたが、楽天ギフトカードで得られる楽天スーパーポイントは6か月間という有効期限があるものです。

いくら、クレジットカードの決済額を増やすためとはいえ、半年間で使いきれないほどの楽天ギフトカードを購入しても意味がありませんので、妻は、iD利用条件の3万円を超えるほどの楽天ギフトカードの購入は見送りました。

iD3万円の利用条件は満たしましたが、カード10万円の利用条件をクリアするためには決済額が足りない状況で、購入したのがジェフグルメカードです。

我が家ではジェフグルメカードをそれほど使う機会がないのですが、楽天ギフトカードと違い、有効期限がありませんので、あと数万円カード利用額を増やしたいというときに購入するにはジェフグルメカードは便利です。

クレジットカードで購入するには、少し工夫が必要ですが、最も有名な方法は、クラブオフという福利厚生サービスを利用することではないでしょうか。

クラブオフを利用している企業に就職していない方でも、加入する方法はいろいろあります。

カップは自宅で加入しているインターネットプロバイダーのサービスの一つとしてクラブオフを利用しています。

マイルdeチケットの読者様にとってもっとも簡単に加入する方法といえば、特定のクレジットカードに入会することではないでしょうか。

当ブログでも、以前、びっくりお得なイオンカードを紹介します という記事でクラブオフを無料で利用できるベネッセ・イオンカード(WAON一体型)というカードを紹介させていただきました。

クラブオフでジェフグルメカードを購入すことは、カードの入会キャンペーンでよく出てくるカードの決済額を上げる方法としてはおススメの方法の一つです。

また、ジェフグルメカードは原則おつりの出る商品券ですので、陸マイラーとしてもカードの実質還元率を上げる方法として活用できます。

【実践例】580円の牛鮭定食でANA10マイル獲得


具体的には、ジェフグルメカード500円×2枚の購入に要する費用を1,000円と仮定すると、100円で1マイル獲得できるカードで購入すると10マイル貯めることができます。

今回のカップのように吉野家で牛鮭定食580円を2枚のジェフグルメカードで支払いすればおつりを420円もらえます。

もちろんおつりもらったからといって、ジェフグルメカード購入時に獲得した10マイルを失うことはありませんので、結果的に580円の支払いで10マイル獲得できたという話になりますね。

マイル還元率を計算すると、10マイル÷(580/100)≒1.72。

100円で1.72マイル貯めることができたことになりますのでなかなかの還元率です。

吉野家でTポイントが貯まる!・使える!


吉野家でTポイントが貯まる!使える!

マイルdeチケットで紹介するのは初めての情報になりますが、2016年2月から吉野家でもTポイントを貯めることができるようになりました。

200円ごとにTポイント1ポイントを貯められます。

牛鮭定食580円なら2ポイント獲得です。

カップは、もちろん、吉野家で支払いするときには忘れずにTポイントを提示しましたので、2ポイント獲得できる見込みです。

Tポイント2ポイントはANA1マイルに相当しますので、上記ジェフグルメカードの活用と合わせると、580円の牛鮭定食で10+1=ANA11マイル貯めることができました。

スポンサーリンク