スポンサーリンク

イトーよーカード―・ヨークベルのnanaco入会キャンペーン

4月は、納税が始まる季節?

ブログ村 マイレージに参加されているマイル達人様のブログ記事にも、最近nanacoやwaonを使用した収納代行の情報が提供されています。

読者の中には、これからnanacoデビューをしたいと考えている方がいるのではないでしょうか。

どうせなら、コストをかけずにnanacoカードを持ちたいな、それも複数枚♪と考えている皆様に本日は、イトーヨーカドーとヨークマートで開催されているnanacoカード新規入会キャンペーンをお知らせします。

スポンサーリンク

今なら300ポイントプレゼント!!で実質無料でnanacoカードを獲得できます


イトーヨーカドーではハッピーデーに、nanacoカードを実質無料で作成することができます。

nanacoカード入会には通常300円の発行手数料が必要ですが、ハッピーデーにnanacoカードに入会して、入会時に1,000円以上チャージすれば無料でnanacoカードを作ることができます。

ハッピーデーとは毎月8日、18日、28日の8がつく日です。

しかし、4月は、nanacoで納税が始まる季節。

イトーヨーカドー・ヨークマートもそのことはご存知のようで、ここぞとばかりに、2016年4月1日から2016年5月1日までの間、毎日、nanacoカード新規入会キャンペーンを開催しています。

イトーヨーカード―のハッピーデーのように、発行手数料が無料となるわけではありませんが、300nanacoポイントプレゼントがありますので、実質無料でnanacoカードを作ることができます。

キャンペーンの詳細


主催:株式会社セブン・カードサービス

期間:2016年4月1日(金)~2016年5月1日(日)

対象店舗:イトーヨーカドーおよびヨークマート(プライス川口を以外のプライス全店、セブンパークアリオ柏、食品館三ノ輪を除く)

内容:キャンペーン期間中に対象店舗でnanacoカードに新規入会して、入会時に1,000円以上チャージすると300nanacoポイントプレゼント。
※入会には300円の手数料が必要です。
※イトーヨーカドーのみ、白ポイントカードからnanacoカードの切り替えで発行手数料が無料となります。

注意事項:入会と同時の1,000円チャージは現金チャージが対象です。

nanacoデビューを考えている人はもちろん、すでにnanacoを活用されている人の中にも5枚持ち、10枚持ちしたいという方にとっては見逃せないキャンペーンですので要チェックですよ。

nanacoカードは、なぜ5枚必要なのか


ここまでの記事を読んでくださった読者の方には、なぜnanacoカードを5枚、10枚必要なのかわからない方も多いと思いますので、nanaco利用のルールについて2点ほど説明します。

nanacoの利用は1枚につき5万円まで


電子マネーnanacoは、現金の利用に比べいろいろ制約があります。

陸マイラー、クレジットカードマニアの方が最も留意することは、nanacoカード1枚につき最大5万円までしか一度に使えないということです。

nanacoカードへのクレジットカードチャージは、センター預かり分を含めると最大10万円の金額をチャージすることができます。

しかし、一度に利用できる金額は、最大5万円です。

金額の大きな納付書をコンビニ払いするときは、少し不便する仕様となっています。

nanacoの利用は一度に最大5枚まで


もう一つの大きな制約は、一度の支払いで利用できるnanacoは、モバイルnanacoを含め5枚までというものです。

1枚5万円でも、6枚使えば30万円の納付書をコンビニ払いできるかといえば、できません。

結果、一度にレジで支払うことのできる税金などの納付書は、

5万円×5枚≒25万円

ということになります。

20万円を超す金額の納付書をコンビニ払いするときは、5万円のnanacoを5枚持っているとレジがスムーズなのです。

  • 【実践例】セブンイレブンで25万円の固定資産税をnanaco払いする

ちなみに、カップは、セブンイレブンでnanaco払いすることが多いですが、店頭での応対は次のような感じです。

カップ「収納代行をnanacoでお願いします。金額が大きいので5枚で」

店員「かしこまりました。」
   納付書のバーコードをバーコードリーダーでピッ!
   「確認を押してください。」


カップ:レジに表示されている確認ボタンを押し、nanacoを電子マネーリーダーに置く。

店員「5万円引き落とします。」
   「残額20万円の支払いをお願いします。」


カップ:2枚目のnanacoを電子マネーリーダーに置く。(以下、5枚目まで繰り返し)

nanaco使いの達人は、5枚もnanacoカードを持ちたくないということで、センター預かりの制度を活用されている方もいらっしゃいます。

本日の記事では詳細は省略しますが、センター預かりの制度を活用すれば、少ない枚数のnanacoカードでも一度に最大25万円まで使うことができます。

ただ、その場合は、センター預かりをnanacoに反映するための店員の作業が必要です。

カップは、レジでの応対時間を最短にしたいので、金額の大きな納付書でnanaco払いするときは、5枚のnanacoを使います。

nanacoカードは、なぜ10枚必要なのか


ということで、現在カップはnanacoカードを6枚持っています。

え?なんで5枚じゃなくて6枚かって?

それは、nanacoカードには、nanaco利用者を縛る、もう一つの大きな障壁があるからです。

■クレジットチャージのご利用制限
クレジットチャージには、ご利用いただける回数や金額に制限がございます。
ご利用の際は、ご注意ください。

クレジットチャージはnanaco番号毎に 1ヵ月間では回数で15回 合計金額で20万円迄、また1日では回数で3回迄のご利用が可能です。
※1ヵ月とは、月初(1日)~月末(各月末日)まで。1日とは、0:00~23:59までとなっております。

・1回で、クレジットチャージできる金額は、5,000円以上、1,000円単位で29,000円迄となります。

・nanacoカード、またはnanacoモバイルにチャージできる上限額は、50,000円です。

※上記のご利用制限に該当しない場合であっても、クレジットカードのご利用状況によりクレジットチャージのご利用を制限させていただく場合があります。


上記はnanacoの公式サイトから抜粋したものですが、nanacoは、1枚のnanacoカードにクレジットカードチャージできる金額に毎月の上限額が20万円までと定められています。

ということは、5枚のnanacoチャージでは、1か月に最大20万円×5枚≒100万円までという縛りができてしまいます。

通常の使い方なら十分だと思いますが、世の中には、親兄弟、親戚の税金までnanacoで支払ってあげようという奇特な方もいらっしゃいますし、nanacoを税金支払い以外のおもしろ利用法を考える人もいらっしゃいます。

それに、毎月100万円チャージして100万円利用のように定期的な利用計画を立てられる人は少ないと思いますので、ストックする分が欲しいと思う方もいらっしゃいます。

カップは、昨年12月のファミマTカードのポイント5倍キャンペーン時に、nanaocカードを増やしましたので現在手元に6枚持っているのです。

nanacoカードを10枚も必要とする方がいらっしゃることがお分かりいただけたでしょうか。

その理由は、nanacoチャージでマイルを稼ぐためなのです(爆)

スポンサーリンク