スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空アジアマイル特典航空券

今年最初のクレジットカードとなったキャセイパシフィック航空MUFGカードゴールドマスターカード。

目的はもちろんキャセイパシフィック航空アジアマイルを貯めることです。

現在のマイル残高は、0マイルですが、カップは、かつてアジアマイルで台北往復と鹿児島往復の航空券を取得したことがあります。

台北往復特典航空券は、上級会員どころかマルコポーロ会員でもなかったにもかかわらず、日本発の往路はビジネスクラスへアップグレードしていただきました。

スポンサーリンク

特典航空券でビジネスクラスへアップグレード狙う方法


カップが特典航空券にもかかわらず片道といえどもビジネスクラスへアップグレードさせていただいたのはなぜでしょう。

何か、特別なテクニックを使ったのだと思いますか?

実は、


















わかりません(*´▽`*)

というか、そんなテクニックがあるのならば、わざわざファーストクラスやビジネスクラスの特典航空券を予約しません。

ある程度運まかせになるとはいえ、無償アップグレードを積極的に狙っていきます。

しかし、ある方に教えていただいたのですが、アップグレードしてもらう可能性を追究していく姿勢は大事です。

ビジネスクラスに座って、周りに嫌な思いをさせる確率を、低く思わせることは、テクニックの一つと言えそうです。

航空会社が警戒する客を上級クラスのお客様のそばに座らせるとは考えにくいですよね?

チェックインカウンターでは、礼儀正しく愛想よく手続することが無駄になるとは思いませんので、是非、スタッフさんには丁寧に優しく接してみてください。

カップは、基本、空港で働く職員の皆さまはサービス精神旺盛の方が多いと思います。

これまでも、すてきな応対をしていただいたことが数多くあります。

自然に感謝の心が芽生え、こちらも空港職員さんの迷惑にならないような接し方をしようという気持ちになります。

皆さまも空港では、礼儀正しく振舞うことを推進していきましょう。

キャセイパシフィック航空アジアマイル目標マイル数


話がずれましたので戻します。

本日の話題は、キャセイパシフィック航空アジアマイルの目標マイル数についてです。

カップは、その目標を50,000マイルと定めました。

50,000マイルの数字にはもちろん根拠があります。

まずは、特典航空券必要マイル数のチャートを見てみましょう。

アジアマイル特典航空券必要マイル数チャート

上の表は、列項目が特典航空券の片道フライト距離です。

特典の種類が多様で少々見づらくなっていますが、カップが目に付けたのはビジネスクラスの1201-2500のゾーンです。

例えば、関空から香港経由で2,500マイル以内で飛べる都市は、マニラ、ハノイ、ホーチミン、プノンペンなどがあります。

残念ながらバンコクは2,500マイルを超えてしまうので、必要マイル数は、一気に80,000マイルとなってしまいますが、マニラ、ハノイ、ホーチミン、プノンペンなら往復ビジネスクラスの読点航空券をわずか50,000マイルで取得できるのです。

カップがこれまで精力的に貯めてきたマイレージプラスなら東南アジアの往復ビジネスクラス特典航空券は、どこでも80,000マイル必要ですが、アジアマイルは飛行距離によって50,000マイルで済む都市があるのです。

これは、お得です。

幸い、カップは、キャセイパシフィック航空や香港ドラゴン航空に搭乗して往きたい都市があります。

それは、ハノイ(ベトナム)です。

ハノイには、以前も訪れたことがあります。

参考:2013年秋・ハノイ

ハロン湾でバタフライ|ギャラクシークラッシッククルーズ2日間の旅

相変わらずの短い旅行でしたが、それだけにもう一度訪れたいという思いは強いです。

今年はアジアマイルを積極的に貯めて、是非、ハノイへのビジネスクラスの旅を実現させたいと考えます。

アジアマイルを如何にお得に貯めるか


さて、以下は、アジアマイル50,000マイルを目標としたマイルを貯める計画です。

計画でなく単なる皮算用かもしれませんけど(^^;

キャセイパシフィック航空MUFGカードゴールドマスターカードの入会キャンペーン


まずは、先日申し込んだキャセイパシフィック航空MUFGカードゴールドマスターカードの入会キャンペーンの活用です。

  1. 入会で10,000マイル

  2. 入会4か月後の月末までに30万円のカード利用でボーナスマイル5,000マイル

  3. カード利用30万円で3,000マイル

  4. その後のカード利用70万円で7,000マイル

以上で、合計25,000マイル獲得できます。

キャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカード入会キャンペーン


そして、残り25,000マイルを新たに、キャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードに入会して稼ぎます。

正直、将来あるかどうかもわからない入会キャンペーンを当てにするのはリスクが高いのですが、カップはあると信じます。

根拠はありませんが、キャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードの入会キャンペーンは通常期でも、入会だけで10,000マイル獲得できます。

現在なら入会だけで15,000マイルプレゼントですし、一定以内に50万円のカード利用でさらに10,000マイル獲得できます。

このようなキャンペーンはまた開催されるのではないでしょうか。

前回カップは、キャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードは年会費を負担に感じるので入会を見送ると言いましたが、それは、現在のアジアマイル残高が0マイルだからです。

もし、25,000マイルあって、カードの入会キャンペーンでベトナムへのビジネスクラス特典航空券が視野に入っていれば、違う判断をした可能性が高いです。

まずは、今回入会手続きをしたキャセイパシフィック航空MUFGカードゴールドマスターカードで、アジアマイルを貯めるだけ貯めていこうと考えます。

初年度年会費無料、年間100万円のカード利用でアジアマイル25,000マイル貯められるのなら、間違いなくお得なカードですよね。

目標をもって、今年はアジアマイルをしっかり貯めますよ。

スポンサーリンク