スポンサーリンク

JALファーストクラス

2016年最初の海外旅行となったシドニーから帰国しました。

運よく往復ともJALファーストクラス(もちろん特典航空券です。)に搭乗でき、快適な旅行となりました。

旅先では雨に降られ、予定していた観光もこなせませんでしたが、5日間楽しく過ごせましたので不満はありません。

でも、今回は、特典航空券への不満について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

空席なのに予約不能


JALファーストクラスの座席は8席ありますが、今回の旅行では、往路は5人、復路は6人の乗客が搭乗していました。

カップが予約したのは、計画的犯罪でJALファーストクラス を書いたころですから約5か月前です。

当時は、往きの便は1席、帰りの便は2席の特典航空券用の空席がありました。

一人旅のカップは1席あれば何の問題もありませんし、空席があっても特典航空券用に開放していないことは承知しています。

しかし、出発が迫ってきた頃になっても特典航空券用に座席が開放されないことには疑問を持ちました。

別に、カップが、さらに一席予約する必要はないのですが、せっかくマイルを貯めても特典航空券の予約が取りにくいと常日頃不満イ思っていたからです。

特に往きの便は3席も空席があったのですから、なんだかもったいないなと感じたのです。

もちろん、特典航空券よりも有償でチケットを購入される方のために座席をキープしておくのは当然ですが、3席も空席があるのなら、もう1席くらいは直前でもいいので特典航空券用にも開放してほしいなと思います。

実は、今回の旅行、成田から地元に戻る特典航空券は8月の時点では翌日の朝の便しか取れませんでした。

当初は、翌日の便を抑えていたのですが、先月下旬に当日の便に変更可能でしたから予約変更をしました。

このように、直前でいいのでもう少し特典航空券用にも座席を開放してくれることを望みます。

でも、カップの感覚では、3席も空いていたなら1席くらいは・・・と思いますが、実際、直前でも3人予約が入ることが、ままあることなら仕方ないですけどね。

実際、後日開放された帰りの国内便は、ずいぶん余裕がありました。

半分くらいは空席だったような気がします。

マイル引き落とし後の変更


ちなみにJMB特典航空券は、予約後も、日付や便の変更であれば手数料無料で行うことができます。

今回の旅行も当初は、帰国して成田で一泊してから帰宅する予定でしたが、運よく、帰国日当日の乗継便に変更することができました。

経路や航空会社が変わることもありませんでしたので、無料で変更することができラッキーでした。

特典航空券用の空席状況がどのような動きを見せるのか詳しくありませんが、国内便の乗継については、今回の実践例を参考にしてください。

もちろん今回は、ある程度、直前になれば変更可能になるのではないかという期待は持っていましたが、変更できなくても大きな問題にはならなかったので旅程を立てたのですが・・・・。

JALのファーストクラスは2014年9月にジャカルタへ旅した時以来の搭乗です。

いろいろ不満を言ってしまいましたが、特典航空券を取れた幸運に感謝します。

快適な時間をありがとうございました。

スポンサーリンク