スポンサーリンク

マイレージといえば、航空会社の顧客サービス。顧客に与えたポイントで特典航空券を発券してくれます。
でも、フライトは利用せずにクレジットカード等のポイントをマイルに交換して特典航空券を取得する人を陸マイラーといいます。

陸でのポイント取得のための裏技全盛期は2008年以前であり、年々、陸でマイルを貯める効率は悪くなってきました。
しかし、今年、あのカードが発行されたことでANA陸マイラーは再び注目を集めるかもしれません。

そのカードとはマイレージランキングをチェック

スポンサーリンク

ANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)です。

このカードのすごいところは、東京メトロポイントからANAマイレージの交換率を実に1.5倍に跳ね上げたことです。

一般的にマイルは2円分のポイントで1マイルに交換されることが多いです。(楽天ポイント・Tポイント→ANAマイル、Yahoo!ポイント→JALマイルなど)
極論でいえば、1マイルを2円で購入しているようなものです。

これまで東京メトロポイント→ANAマイルの交換比率は10:6であり、比較的お得でしたが、それがソラチカカードを利用することで10:9と更にお得になりました。

メトロポイントは、Pexやネットマイル等他のポイントからも交換できるので、このルートを使えば10円分のポイントで9マイルに交換できます。
つまり、1マイルを約1.1円で購入することができるのです。

更にANAマイルは、今後、割引運賃の航空券でのフライトではマイルの積算率が悪化してマイルが貯めにくくなります。

これが意味するところは、ANAマイルは陸で貯めやすく空で貯めにくくなるということです。

すべてにおいて貯めやすくなると今度は肝心の特典航空券の取得が難しくなりますが、陸で貯めやすくなる一方、空で貯めにくくなる分ある程度のバランスはとれるかもしれません。

国内線特典航空券(往復)が15,000マイル(路線・シーズンにより異なります。)で発券できるとすれば、約16,667円分のポイントで利用できるということですね。
往復16,667円なんて下手すれば鉄道やバスよりもお得ですよ。

もちろん、かつて2008年に数々のマイル獲得技が封じられた(制度改正されたということです。むしろ適正化?)ようにこのルートが永遠に続くとは考えにくいでしょう。
だ・か・ら、ANA陸マイラーに少しでも興味がある方には、今こそデビューをお勧めします。

上記のポイント交換に必要なANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)、11月30日(金)までなら入会とキャンペーン登録だけで1,600マイル獲得できます。
初年度年会費も無料ですので気軽な気持ちで申し込みできますね。
クレジットカードを利用しない方でもアフィリエイトやポイントサイトの活用で数か月で特典航空券を手にすることができると思いますよ。

あなたもANA陸マイラーデビューしませんか?

スポンサーリンク





 カテゴリ