スポンサーリンク

ブリティッシュエアウェイズ

ブリティッシュエアウェイズのマイレージプログラム、アビオス。

前回の記事で、JAL国内線だけでなく、大阪-台北の特典航空券の優位性についてお話しました。

本日は、もう一歩踏み込んでキャセイパシフィック航空で往く台北への特典航空券の必要マイル数についての情報です。

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空の特典航空券には使用アビオス数のオプションがあります


JALの特典航空券を発券するときには利用できないのですが、BAアビオスでCX(キャセイパシフィック航空)の特典航空券を予約しようとすると、アビオスの使用数にオプションが表示されます。

BAアビオスでCX特典航空券を予約

ちょっと見にくいと思いますが、基本、片道7,500アビオス+諸税等5,190円必要なのですが、他の料金のオプションをクリックすると、いくつか選択肢が表れます。

お支払い時に選択できます
6000 Avios + ¥ 7,190
5300 Avios + ¥ 7,790
4500 Avios + ¥ 8,490
3800 Avios + ¥ 9,190
2500 Avios + ¥ 10,490

少ないアビオス数でも現金を足せば特典航空券を発券することができるのですね。

アビオスを購入するという感覚でしょうか。

でも、注目すべきは、通常7,500アビオス必要な特典航空券を5,000少ない2,500アビオスで発券できるということです。

もちろん現金はその分多くのなるのですが、5,000アビオスの差額分は、

10,490-5,190≒5,300円 です。

1アビオスを5,300÷5,000≒1.06円で購入できるというイメージですね。

アビオスはブリティッシュエアウェイズの公式サイトから購入することもできますが、そのときのレートは、例えば、10,000アビオスで300米ドル必要です。

1ドル120円換算しても1アビオス3.6円必要であるということを考えると、CX特典航空券を取得するときの他の料金のオプションは破格だと言えます。

また、通常マイレージプログラムというのは、使う単位が大きいので、どうしても無駄が出がちですが、BAアビオスは、2,500アビオスで利用できますので使い勝手がよいです。

大阪-台北なら仮に片道発券であっても、帰りはLCCピーチなども利用できますから無駄がないですね。

ビジネスクラスもお得に発券できます


前回の記事では、BAアビオスはマイレージの醍醐味であるビジネスクラス特典航空券についてのメリットがあまりないとお話しましたが、上記の台北線について言えば、他の料金のオプションを使うとなかなかお得に発券できます。

BAアビオスでCXビジネスクラス特典航空券

通常、15,000アビオス+諸税等5,190円必要ですが、他の料金のオプションを選択することで、
お支払い時に選択できます
13500 Avios + ¥ 7,190
12500 Avios + ¥ 8,490
11000 Avios + ¥ 10,490
10000 Avios + ¥ 11,790
8000 Avios + ¥ 13,190
となります。

台北-関空だと、
13500 Avios + ¥ 4,660
12500 Avios + ¥ 5,960
11000 Avios + ¥ 7,960
10000 Avios + ¥ 9,260
8000 Avios + ¥ 10,660
ですので、往復16,000アビオス+諸税等23,850円で往復キャセイパシフィック航空ビジネスクラスに搭乗することができます。

スカイスキャナーで関空―台北をビジネスクラスを検索すると、一番安いチャイナエアラインでも約65,000円かかります。

キャセイパシフィック航空に限定すると、なんと、軽く10万円以上。

 なかなか超お得とはいえない状況です(・_・)

それをアビオスなら、たった16,000アビオス+諸税等23,850円で発券できるのですから、お得です。

ちなみに、エコノミークラスの東南アジア線でも、CXの他の料金のオプションを利用すれば、例えば、羽田-香港-バンコク線なら、往路6500 Avios + ¥ 17,290、復路6500 Avios + ¥ 15,530の計13,000アビオス+32,820円で発券可能。

それなりに使えるかもしれませんね。

もちろん羽田-バンコクなら、JAL直行便で往復25,000アビオス+15,780円の方がお得な気もしますけど、17,040円プラスすれば、12,000アビオスは節約できますので、少ないアビオスで発券可能なのです。

まとめ


  • BAアビオスの関空-台北線は、他の料金のオプションで5,300円をプラスして2,500アビオスで利用可能。

  • 関空-台北ならCXビジネスクラス往復でも16,000アビオス+諸税等23,850円で利用可能。

  • 羽田-バンコクは、JALなら往復25,000アビオス+15,780円、CXなら往復13,000アビオス+32,820円で利用可能。



スポンサーリンク




 カテゴリ