スポンサーリンク

トルコ航空ビジネスクラス機内食

バンコクからイスタンブールまでのフライトの機内食を紹介します。

離陸後はまずドリンクサービスです。

トルコ航空ビジネスクラス搭乗記

上記記事でもお話しましたが、カップはこのフライトに限ってはアルコール飲料を飲みませんでした。

トマトジュースとナッツで寛ぎます。

スポンサーリンク

カナッペ

カナッペ:一口大にカットしたパンやクラッカーに野菜などをのせたメニューです。

これが前菜と思ったら、

前菜の盛り合わせ

再び前菜(?)の盛り合わせ

実は、これはワゴンに多種の前菜が載っており、その中から選んで持っていただくものです。

カップに配膳してくれたのはトルコ航空に乗っているシェフではなくFAさんでしたが、ワゴンに載っていた前菜は、

セレクション・フロム・トロリー

これだけのメニューがありました。

ワゴンに載っている前菜は写真に撮ることができませんでした。

出発が遅延していて乗客は疲れていたと思いますし、ほぼ満席の状況。

そう状況で写真を多く撮ることは。カップにとっては難しかったです。

上記の盛り合わせも結局、FAさんに「あなたにお任せします。」とお願いしたものです。

自分ではなかなか選べない、もしくは、とりあえず全種類を少しずつとしか答えられませんね(^^ゞ

今度、トルコ航空に搭乗するときは、スマートに選択したいなと思いました。

続いては、

パンプキン・スープ

パンプキン・スープです。

美味しかったですが、すでにこの頃にはカップは満腹でした。

盛り合わせですでに満足してしまっていたのです。

それでも、メインディッシュはこれから。

気合いを入れて食します。

ビーフ

 です。

ちょっと強く焼きすぎ?固い?

満腹のカップにはこの焼き加減はきつかったです。

どんな焼き加減でも食べきるのはしんどかったでしょうけど・・・。

なんとか食べ終えると、あとはデザートです。

が・・・、

デザートもワゴンから選びます

再び、ワゴンサービスです。

こちらも前菜盛り合わせ同様不意打ちではありましたが、今回は、自分で選ぶことができました。

デザート盛り合わせ

選び過ぎました・・・(+o+)

一体何度失敗すれば気がすむのでしょうか。

反省です。いつも食べ過ぎてしまいます。

思うに、適量ですませれば食事の後、もっと満足感を得ることができるのです。

昔から残さないことをマナーと躾けられたカップですが、いつかは機内食の量をコントロールすることができるようになるのでしょうか。

次回以降の課題とさせていただきます。

食事の後は、シートを倒して眠りました。

起きた後も少し食べたと記憶していますが、まあ、軽食です。

トルコ航空の名物の一つであるゴディバのチョコレートはこのタイミングで出てきました。

ビジネスクラスの旅はもちろん快適だったのですが、イスタンブールに到着後のフライトについての情報がありませんでしたので、少々疲れました。

空港到着後のてんまつは、下記の記事を参考にしてください。

トランジットホテルがまさかの無料!?トルコ航空の魅力のサービス

時系列順でなくてごめんなさい。

時系列順にまとめて旅行記を書かれている方はすごいなと思います。

カップは、書きたいものを書きたいときに書いていますので。

スポンサーリンク