スポンサーリンク

浮かぶ鯉

陸マイラー人気No.1のポイントサイト、ハピタス。

ポイント交換できるポイントが月3万までと制限されているのがたまにキズですが、毎月3万ポイント稼げるANA陸マイラーはどのようにポイント交換しているのでしょうか。

本日は、その謎に迫ります。

スポンサーリンク

ソラチカカードの交換ルートは毎月ANA18,000マイルが上限です


そもそも、ハピタス3万ポイントの交換先が問題になるのは、ポイント交換だけで得をする錬金術ともいえるソラチカカードホルダーにのみ許された交換ルートが毎月ANA18,000マイルまでと制限されているからです。

その制限がなければ、

ハピタス30,000pt
   ↓
PeX300,000pt
   ↓
メトロポイント30,000pt
   ↓
ANA27,000pt

と毎月ANA27,000マイル稼げるのですが、現実は、

ハピタス10,000pt ⇒ 
ハピタス20,000pt

   ↓
PeX200,000pt
   ↓
メトロポイント20,000pt
   ↓
ANA18,000pt

とハピタス20,000ptはソラチカカードの交換ルートでANAマイルに、交換することができますけど、残りのハピタス10,000ptはどうすればいいのでしょうか。

カップは、Tポイントに交換して、最近は、ウエルシアで消費していますが、ANA陸マイラーとしては下記2つの交換ルートを把握しておくと賢明です。

ハピタスポイントをANAマイレージに交換する2つの交換ルート


① 東京メトロポイントを使った交換ルート


ハピタスからANAマイルへの交換ルート
ソラチカカードホルダーは、東京メトロ⇒ANAマイルは10:9の割合で交換できます。
(19,800pt⇒ANA17,820マイル)


② セシール・Gポイントを使った交換ルート


ハピタスからANAマイルに交換する第2のルート
ANA VISAカードがなくても他の三井住友カードがあれば同じ要領で交換可能です。

現在、ハピタスからPeXへの交換は手数料無料となっていますから、

①のルートで、ハピタス20,000pt⇒ANA18,000マイル

②のルートで、ハピタス10,000pt⇒ANA5,700マイル

と2つのルートを合わせてハピタス30,000pt⇒ANA23,700マイルと交換することができます。

まとめ


結局、本日の「ハピタスで月30,000ポイント獲得するANA陸マイラーは年間何マイル稼げますか」のお題の答えとしては、

(18,000+5,700)×12か月≒ANA284,400マイル となりそうです。

実際には、PeXから東京メトロ、セシールへの交換にそれぞれPeX500pt必要ですので、もうちょっとコストは必要ですけどね。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス セシール Gポイント

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ