スポンサーリンク

MUFGカード1円で3,000円得するマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAの繰上げ返済 ではちょっとパニクってしまいましたが、楽Pay利用の年会費優遇は、やはり、リボ手数料の支払いが要件でした。

きんちゃんの毎日のきんちゃん様からコメントで教えていただきました。

ありがとうございました。

それでは、本日は、MUFGカードをお持ちのあなたも1円のコストで年会費優遇を受けるためにMUFGカードの繰り上げ返済の方法についてまとめます。

スポンサーリンク

WEBサービスからの繰り上げ返済


MUFGカードWEBサービスの臨時加算返済の登録・変更での繰り上げ返済。

最近は、カップも良く利用しています。

リボ手数料を0円にするためには、簡単・便利で一押しの方法です。

臨時加算返済の単位は、10,000円


しかし、デメリットもあります。

それは、臨時加算する金額が一万円単位なのです。

リボ手数料を1円にするためには、支払額をショッピング額よりも100円程度少なくする必要があります。

臨時加算する金額が一万円単位では、上手く調節できないですよね?

たまたま、支払い設定額αに対して、ショッピング利用額が、

α+10,000×β+100円程度で会ったのなら、10,000×βを臨時加算すれば良いのですが、なかなかそういうケースにはならないのではないでしょうか。

ATMで臨時返済


臨時加算返済の方法は、WEBサービスからの臨時加算返済のほかにもATMで返済する方法があります。

カップが利用したことのあるATMは、三菱東京UFJ銀行のATMですが、土日でもATM手数料は不要でしたしなかなか便利でした。

ATMでの臨時返済のメリットは、支払いの単位が1,000円単位だということです。

WEBサービスよりも利用しやすそうですね。

支払い設定額αに対して、ショッピング利用額が、

α+1,000×β+100円程度であればよいのですから。

臨時加算の金額が大きく、ATMでは不安だと言う方は、ATMで数千円繰り上げ返済して、WEBサービスで数万円臨時加算するという合わせ技もできますよ。

カードデスクに電話して振込返済


ATMでの返済は1,000円単位でWEBサービスの臨時加算よりも細かく調整できるとはいえ、リボ手数料を1円にしたい方にとっては、やはりもう少し細かく調整したいですよね。

そんなあなたは、カードデスクに電話して、振込返済の申し出をしましょう。

三菱東京UFJ銀行のとある口座を指定されますが、この場合は、たぶん1円単位で繰り上げ返済できます。

リボ手数料の計算を間違えなければ、確実にリボ手数料1円で年会費優遇措置を適用できます。

ただし、MUFGカードの口座への振込手数料はあなたの負担になります。

振込手数料無料の口座を持ちたいですね。

住信SBIネット銀行はおススメです


振込手数料無料の口座をおもちでないあなたには、住信SBIネット銀行をおススメします。

他行宛振込手数料が月3回まで無料です。

口座開設するときも、もちろんハピタスを活用しましょう。

ハピタス経由の申し込みで350pt獲得!ソラチカカードのルートでANA315マイルに交換できまてお得ですよ。

ママの生活必需品|ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ