スポンサーリンク

おはようございます。

本日は、前回の記事 年1,2回の海外旅行でスターアライアンスゴールドメンバーを目指すなら・・・ で紹介したエーゲ航空のマイルズ&ボーナスでカップが気になるポイントを1つ解説してみようと思います。

そのポイントとは、マイレージランキングをチェック

スポンサーリンク




ANAのスーパー旅割・旅割の加算率です。

以前カップがANAに確認したところ、スーパー旅割・旅割の座席クラスは「V」、「H」というものでした。
(現在変更されていました。)詳細は次の記事で。
この座席クラスをマイルズ&ボーナスの加算率と照らし合わせてみると・・・


なんと、100%加算です。
同じ航空券でもANAマイレージクラブでの加算率は100%ではありません。

特典航空券の必要マイル数は、多くのケースでANAマイレージクラブの方が少なく済みますが、前回紹介しました極東(東南アジア含む)エリア内のエコノミークラス25,000マイル、ビジネスクラス42,000マイルはお得です。

またマイルズ&ボーナスでは、往復航空券の半分のマイル数で片道航空券のが発券できますので、スタアラゴールド目的だけのためにマイルを加算しても21,000マイルあれば、極東エリア内のビジネスクラス片道航空券を発券することができます。
マイレージプラス等片道発券できるプログラムと併用すればマイルズ&ボーナスで貯めたマイルも無駄なく消化できそうですね。

あと、先月下旬から関西国際空港や中部国際空港(セントレア)発の中国国際航空のチケットが値下がりしました。昨日の成田発のように遠回りルートは設定できないみたいですが、ビジネスクラスチケットが約14万円で発券できます。名古屋→北京→シンガポール→成都→北京→名古屋のルートだと乗り継ぎ良く入会ボーナスと合わせて18,000ティアマイル貯まります。

このチケット以外に、ANA国内便等搭乗する機会がある方なら無理なくスタアラゴールドメンバーになることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ
None