スポンサーリンク

ブリティッシュエアウェイズマイレージプラス5,000マイルでANA国内線特典航空券を発券できるようになりましたが、マイレージの世界はまだまだ奥が深いですよ。

本日は、4500マイルで国内片道航空券を発券できるブリティッシュエアウェイズのエグゼグティブクラブを紹介します。

スポンサーリンク

ブリティッシュエアウェイズ・エグゼグティブクラブ


エグゼグティブクラブとは、ブリティッシュエアウェイズのマイレージプログラムです。

マイルの単位をアビオスポイントというので、エグゼグティブクラブよりもアビオスという呼称の方が有名かもしれません。

ブリティッシュエアウェイズは、ワンワールドの一員ですから特典航空券でJALを選択できます。

JAL国内線を片道4,500マイルで発券できます


エグゼグティブクラブの特徴の一つとして、JAL国内線の片道特典航空券を一定の条件で4,500マイルで発券できることがあげられます。

一定の条件と言うのは、飛行距離が650マイル未満の行程です。

650マイル未満ってどれくらい?と思われるかもしれませんが、羽田-札幌、羽田-福岡も充分カバーできる範囲ですから安心です。

羽田-那覇とかはちょっと無理ですけど・・・。

ちなみに、羽田-那覇は片道7,500マイルとなります。

シーズン関係なく7,500マイルですので使いやすいですね。

国際線も羽田-バンコク往復25,000アビオスとお得です


国際線でも、羽田-バンコクが片道12,500アビオス、往復25,000アビオスとお得です。

ただしお得なのは、エコノミークラスだけかもしれません。

ビジネスクラスは2015年4月末頃、必要マイル数が引き上げられて往復75,000マイルとなってしまいました。

改悪前なら往復50,000アビオスとなかなかお得だったのに残念ですね。

アビオス貯めるなら、やっぱりあのカード


特徴を把握して利用すれば、まだまだお得なブリティッシュエアウェイズエグゼグティブクラブのアビオス。

クレジットカードで貯めるなら、ゴールドプレステージを超える100円で3マイル獲得できるカード で紹介しましたダイナースクラブプレミアムカードが断然お得です。

なんでもリボの裏技で100円につき3アビオス貯めることができますから。

リボ手数料でプラスアルファのボーナスポイントを買うと考えれば、1ポイントあたり0.85円で購入するようなものですから、1アビオス0.85円、4,500アビオス3,825円とJAL国内片道航空券を4,000円足らずで購入できると考えることができます。

これは、お得です。

とはいってもダイナースクラブプレミアムカードは、誰もが持てるカードではありません。

プラチナカードを超えるブラックカードの一つと言われていますからね。

カップのように節約志向の方が取得するのは正直困難です。

せっかく当記事を読んで、エグゼグティブクラブに興味を持ったのに・・・と思われた方、申し訳ありません。

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エクスプレス・カードなら100円につき1.25アビオス


でも、ダイナースクラブプレミアムカードでなくてもアビオスは貯められます。

一つの選択肢は、普通のダイナースクラブカード。

グローバルマイレージに参加すれば100円につき1アビオス貯められますし、ダイナースモールを利用すれば、最高100円で20アビオス貯められます。

選択肢はもう一つあります。

それは、アメリカン・エクスプレス・カードです。

特に、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードなら100円1マイル以上の還元率になります。

おススメのスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは、100円で1ポイント貯められるSPGスターポイントを20,000ptごとにマイレージに移行すれば、25,000アビオスに交換できます。

結果的には100円で1.25アビオス貯められるということ。

これは、お得です。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

ダイナースクラブカードにしてもアメリカン・エクスプレスカードにしても、複数のマイレージプログラムに交換できますから、そのときに一番有利なマイレージを選ぶことができるのがいいですね。

カップもCITIBANKダイナースクラブカードのポイントが20,000ptほど貯まっていますので、上手に利用したいと思います。

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ
BA