スポンサーリンク

ダイナースクラブカード今もっともお得なクレジットカードの入会キャンペーンと言えば、カップは、迷わずダイナースクラブカードをあげます。

なんといっても入会3カ月以内に20万円のカード利用するだけで20,000マイル相当のポイントを獲得できるのですから。

スポンサーリンク

ダイナースグローバルマイレージ/ホテルポイント移行


ダイナースクラブカードのポイントの効率的な利用方法は、やはり、グローバルマイレージがお得です。

1pt≒0.4~0.5円程度のポイントを1,000pt→1,000マイルのレートで交換できるわけですから。

マイルは、賢明な使い方をすれば、1マイルあたりの価値は2~5円程度に跳ね上がります。

グローバルマイレージ年会費6,000円(税別)の元を取るのは比較的容易なのではないでしょうか。

ポイント移行できるマイレージプログラムも、14社あります。

グローバルマイレージ

また、エアラインマイレージ以外にも、5つのホテルポイントへの移行も可能です。

ブリディッシュエアウェイズ・エグゼグティブクラブへの交換が魅力的


最近注目されているブリディッシュエアウェイズ・エグゼグティブクラブのアビオスポイントへの交換が可能なことも魅力的です。

エグゼグティブクラブでは、JAL国内線の特典航空券を片道4,500アビオスポイントから予約することが可能です。

飛行距離マイル数 650マイル未満 片道4,500アビオスポイント 往復9,000アビオスポイント

650マイルから1,150マイル 片道7,500アビオスポイント 往復15,000アビオスポイント

1,150マイルを超える距離 片道10,000アビオスポイント 往復20,000アビオスポイント

また、国際線でも例えば、東京からバンコクやホーチミンまで片道12,500アビオスポイント、往復25,000アビオスポイントで発券できるのも魅力的です。

ビジネスクラスも片道25,000アビオスポイント、往復50,000アビオスポイントで発券できますからサーチャージが高くない時期なら他のマイレージプログラムよりもお得感があります。

高い年会費はハピタスの利用でカバーできます


とても魅力的なクレジットカードの一つであるダイナースクラブカードですが、弱点もあります。

一つは、22,000円(税別)という高い年会費。グローバルマイレージの参加費用も6,000円(税別)必要ですから負担がかかります。

しかし、現在、ハピタスを経由してカード発行すると、45,000円分のポイントを獲得できます。

初年度年会費+グローバルマイレージ参加費用を上回る金額相当のポイントですから、1年間は実質無料で利用できるのです。

年会費の問題は、少なくとも1年間分はクリアできそうですね。

もう一つの問題が、クレジットカード発行会社がシティカードから移管される予定であること。

移行後すぐサービスが低下・廃止となることはないでしょうが、先のことが不透明であることは不安の材料です。

とはいっても、入会キャンペーンを割り切って利用してみようと考えられる懸命な方には、自身を持っておススメできるカードです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

あなたもハピタス経由でダイナースクラブカードデビューを果たしてみませんか?

スポンサーリンク