スポンサーリンク

皆さまお久しぶりです。本日無事帰国しました。

旅行中にポイントサイトドル箱がハピタスにリニューアルされたなど色々ニュースがあったようです。

でもカップが一番驚いたのはANAマイレージクラブのリニューアル情報です。

スポンサーリンク





今回のANAマイレージクラブの改定の趣旨は「ANAを永く、深くご愛顧くださるお客様を、より上質なサービスでお迎えします 」というものらしいです。(ANAウェブページより)

これは理解できます。

一年だけしっかり修行してその後ほとんどANA便を乗らない上級会員(平SFC会員と呼ばれているらしいです。)に対するダイヤモンド、プラチナクラスの不満は、これまでも様々な媒体で目にしてきました。

上級会員が増えれば増えるほど、その恩恵は反比例する部分はあると思います。(優先搭乗等)

だからこそ、上級会員のクラスごとの差別化は、必要なのかなと思ってました。ダイヤモンド、プラチナクラスにはより手厚いプライオリティが求められているのではないでしょうか。

しかし、現実はなかなか一筋縄ではいかないようです。

shoji様のマイレージライフの記事で評されているように今回の改定は、ダイヤモンドクラスの会員にとっても改悪となっているようです。

更に平SFC会員の増加に、一部の上級会員が不満を持っているのにもかかわらず、いわゆる修行路線であるシンガポール往きのプレミアムポイントの積算率を1.5倍に改善し、SFC会員を目指しやすくなっています。

全体的に見て、ANAの「ANAを永く、深くご愛顧くださるお客様を、より上質なサービスでお迎えします」の姿勢は単に割引運賃でなく普通運賃を利用する客に対して、より上質なサービスを提供するということなのかもしれません。要するに会社のお金で搭乗するお客に狙いを絞っているのですね。

しかし、今回の改定、カップのような陸マイラーにとっては何の影響もないようです。

これでいいのかANA。

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ
None