スポンサーリンク

ANAワイドゴールドカードワイドゴールドカードホルダーなので、ANA50,000マイルを80,000スカイコインに交換できました でお知らせしたとおり、カップは先日ANAマイルをスカイコインに交換しました。

スカイコインに交換することは、決してマイルのお得な使い方とは思っていませんが、使いやすさという観点から良い方法だと思います。

でも、マイルをスカイコインに大量に交換する方にとっては、交換レートが気になりますよね?

スポンサーリンク

ANAスカイコイン交換レートは会員ステータスによって異なります


まずは、下記表をご覧ください。

ANAマイルからスカイコインの交換レート

一度に5万マイル以上スカイコインに交換する方は是非気にしていただきたい表です。

ANAカードホルダーの皆さまなら、どなたも1.5倍以上のレートで交換できますね。

でも、最大のレートは1.7倍、0.2倍の差があります。

1.7倍と1.5倍、仮に10万マイルを交換するとするならば、17万スカイコインと15万スカイコインとなるわけですから、2万円相当の差額が生じます。

もし、簡単にレートアップできるならば、その条件が気になりますね。

でも、1.7倍のレートにしようと思うと、最低でもANA「ブロンズサービス」メンバーにならなければいけません。

これは、なかなかハードルが高いと思われる方も多いのではないでしょうか。

カップもその一人です。

ANAマイルからANAスカイコインに1.6倍のレートで交換する方法


しかし、もし、1.6倍のレートで妥協できるのなら比較的簡単にその適用を受けることができます。

その方法とは、

ANAゴールドカードを持つことです。

実は、カップは、昨年11月にANAワイドゴールドカードを取得しました。

ブロンズサービスメンバーなどの上級会員など夢のまた夢のカップですが、クレジットカードを持つことで1.6倍の交換レートが適用されています。

当然、交換後のスカイコインは航空券代に費やしますので、それが自分のフライトならマイルを獲得できますし、ワイドゴールドカードを所有しているので、搭乗ボーナス25%も獲得できます。

ANAワイドゴールドカードは、マイペイすリボやウェブ明細の登録・利用によって年会費も9,500円(税別)まで抑えることができますので、なかなかお得なカードだと思います。

ANA VISAカードの方がもちろん会費は安いのですが、カードのポイントを10マイルコースにするためには、別にマイル移行手数料が年間6,000円(税別)必要となります。

ANAワイドゴールドカードなら、それが不要になりますので、年会費の負担もそれほど重く感じることがありません。

ずっと、持ち続けるカードになるかは分かりませんが、年間10万マイル以上スカイコインに交換される方にはおススメなカードです。

現在ですと最大29,000マイル相当獲得できる入会キャンペーンを実施していますし、ポイントタウン経由で申し込めば、9,200円分のポイントも獲得できます。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

自称UA陸マイラーのカップも飛びついてしまったANAワイドゴールドカード、あなたも活用してみませんか?

スポンサーリンク